Kaiyodo.net 2002年ログ●過去ログですのでリンク切れや画像消失はご了承ください

HOME

02.12.31●

1月の新製品
■12月25日 講談社「月刊アフタヌーン2月号 誌上通販 ベルダンディ・フルカラーバージョン」
■12月27日 小学館「小学一年生 付録アニマテイルズペット ボストンテリア(わんこミックス版カラー)」
■12月28日 小学館「
小学二年生 付録アニマテイルズペット パピヨン(わんこミックス版カラー)」
■12月28日 小学館「小学三年生 付録アニマテイルズペット マンチカン(茶トラ)」
■12月28日 小学館「小学四年生 付録アニマテイルズ日本動物 エゾモモンガ(茶系カラー)」
■1月9日 小学館
「週刊天然記念物29 イヌワシ」

■1月 10日マガジンハウス「CASAブルータス 付録 ポニーチェア」
■1月16日 小学館
「週刊天然記念物30 シロヘビ」
1月20日 北陸製菓「アリスのティーパーティー人形の国のアリス2」※関西発売開始
■1月23日 小学館「週刊天然記念物31 ミヤコタナゴ」
■1月25日 アートボックス「Model Glaphix 3月号WTM特集 付録 WTMパンターキット版 + 誌上通販土居カラーパンターその他」
※今号のMG誌は一部セブン・イレブン販売あり ※品切れの可能性あり。お近くの書店で予約を
■1月27日 タカラ「ワールドタンクミュージアム3」※全国一斉発売
■1月28日 グリコ「新タイムスリップグリコ(3)」※北海道東北先行発売
■1月28日 グリコ「黒潮コメッコ2 AQUATALES」※西日本一斉発売→写 真
■1月下旬 K&M「ちょびっツ2
・アニメ版」※ベンダーおよびボックス入りトレーディングフィギュア
■1月下旬 K&M「エヴァンゲリオン劇場版スペシャル まごころを君に」※ベンダーおよびセブンイレブンガチャボックス
■2月
6日 小学館「週刊天然記念物33 トゲネズミ」
■2月上旬 徳間書店「ポケットワールドタンクミュージアム 添付 タイガーIスペシャルカラー」

 

02.12.31●

02年の補遺
■コアミックスより「カラー版・北斗の拳1」にラオウの4インチモデルが付属されて発売中。また、2003年より隔週で北斗の拳のテーマ別 単行本(コンビニに置いてある廉価版のあれ)が出るのですが、それにも、ボトルキャップサイズのフィギュアがつきます。1/7発売分にはトキ。1/21はジャギ となります。
■小学館の学習雑誌、小学1年生〜4年生までにそれぞれチョコQANIMATALESの特別 版ペイントフィギュアがついています。わんこミックスという、雑誌に掲載されている漫画のキャラクターにあわせた塗装など。
■年末発売予定だったK&M「ちょびっツ2」ですが、発売がのび、1月中旬となりました。申し訳ありません。
■前号のインタビューでミギーの話しが出てたので間違えられちゃってるようなんですが、今出ているアフタヌーン誌で発表されている次号付録の「寄生獣」のストラップは海洋堂の作ったモノではありません。3月25日発売のアフタヌーンについているミギーが海洋堂製作のものです。ベンダブルでぐにゃぐにゃ曲がって気持ち悪い出来になってますのでお楽しみに。
■なんかうちもタカラも知らないうちに「週刊ダイヤモンド」誌の表紙に七福根付が!?ま、ともかく年始はおめでたい七福根付のおみくじで、今年を占ってみてください。関西の人には十日戎もすぐですしね。
■まだまだ商品が追いついていない?QBGの和漢はちみつのど飴・アンティークテディのWEBページがリニューアルされました。取り扱い店情報も増えています。
チョコQWEBページも情報がどんどん増えています。写 真コンテストもはじまりました。写真コンテスト参加者の方の中から100名様に「ヒメネズミ」フィギュアを提供する話しも出てます。ふるってご参加ください。またとしまえんのチョコQミュージアムカフェも1/5までオープン。WEBミュージアムページも出来ています。

 

02.12.17●

「わがままな天然列島ブースター2」についての訂正
■12/6づけのブースター2のお知らせで、今回のブースターカードはチョコQ日本の動物7弾の動物の写 真を中心に・・・とか書いてたんですけど、これはもちろん6弾の誤りです。ごめんなさい(なおしときました)。今東日本で発売中のチョコQ日本動物6弾の動物たちのカードです。チョコQの動物を集め、そのフィギュアのカードを組み合わせれば、さらに楽しいゲームができる仕組みになっています。今、企画室では来春発売の7弾の準備がまっさかりで(フィギュア見本のチェック、パッケージや解説の校正・・・)頭が7弾モードになってました(^^;)。
■さらに、発売予定表のところ「10種が色替え」と書いてありましたが、8種が色替え版で、10種がノーマルカラーですね。重ね重ねすいません。
■先週末にホビーロビー東京で、ゲームのデモンストレーションとともに発売会を行ったのですが、結構盛況だったそうで、当日の晩には売り切れてしまったとか。今週からはホビーロビーはもちろん、トレーディングカードショップや、ホビーショップ、セブンイレブンをメインとするコンビニなどにも出回っていますので、ぜひ一度ごらんになってみてください。ただしゲームを本格的に遊ぶには、すでに発売されている「スターターセット」のゲームシートが必要となります。

 

02.12.12●

チョコQ日本動物7弾の見本が来た
■先日「わがままな天然列島」の新作金型について書いたときに「このメソッドで新チョコQは全然違うものになってるよ」と書きましたが、昨日届いた日本動物7弾の見本にはうなってしまいました。塗装レベルの向上、パーツの合いの良さは当然、その分割ラインの持って行き方が芸術的。塗装後の色分けまで計算にいれ、目立ちにくく、原型のディテールをつぶさず、しかもちゃんと抜けるようになってます。まあ、このへんのことは来週から発売される「わがままな天然列島ブースター2」につくフィギュアを見ていただければかなり納得していただけるはず。チョコQのは、さらに一歩進んでいる感じです。僕のお気に入りは本物と見まごうばかりのスズメバチと、メカみたいで、しかもかわいいオシドリ。
■「わがままな天然列島ブースター2」の製品見本も届きました。今回は箱入りブースターという形ですが、次のシリーズからはよりアニマテイルズ寄りの仕掛けや、解説書をつけたいと考えています。それもこれも、今回の販売がうまくいったらなんですけどね(^^;)。 まずはより進化したアニマテイルズをご覧ください。
■チョコエッグビッグボックスなる商品がフルタから発売され、そこに契約が切れたチョコエッグクラシックが新しいパッケージでつめられて販売されていることが判り、当惑しています( しかも新パッケージには(C)=
コピーライト表記もされていません。無断で動物フィギュアの写 真を使用しています)。その上、このパッケージを使い、「新発売」をうたったチョコエッグクラシック単独販売の小売店向けの営業チラシが配布されているとのこと。これは著作権者たる海洋堂のまったくあずかり知らぬ ところで 無断で行われた行為で常識的には信じられないものです。係争に入る可能性があるのでこれ以上のコメントは避けますが・・・

 

02.12.09●

関西地区緊急出動!レスキュー119●その他
■緊急ってまあ、ニューカマーラインナップに書き忘れていただけなんですけど(^^;)、これまで九州発売だったレスキュー119、いよいよ近畿中部地方に出動開始です。今日〜明日にはコンビニの店頭が熱くなる! 充実感あふれる真っ赤な救命車両と消防隊員のミニチュアシリーズをぜひ集めてください。カンパン食べたことのない方は、試してみるチャンス。北陸製菓のは美味しいのだ。
■先日お知らせしたように、海洋堂クロニクルの二刷も今週から並ぶはずです。で、例の朝日の書評効果 か二刷が発売される前に三刷が決定してしまいました。三刷の腰巻きは初版と同じイエローにもどるそうな。既に書店で見あたらなくなっているクロニクル、ぜひ手にとってください。
■夏に話題にした「画集 百鬼夜行抄」の尾黒・尾白フィギュアの申し込み締め切りが12/24に迫っています。画集を買ってまだ申し込みハガキ送られていない方、おはやめに。フィギュアの出来は保証します。

 

02.12.06●

アニマテイルズクラシックの新たな受け皿。カードゲーム「わがままな天然列島ブースター2」発売

■12月16日ごろより、天田印刷のトレーディングカードゲームの第二弾ブースターが発売されます。これはチョコエッグ〜チョコQの日本の動物フィギュアと「週刊天然記念物」動物フィギュアの写 真を使用した、野心的なトレカゲームシリーズ。カードとともに、コレクションしたフィギュアを参加させて遊ぶとさらに楽しいというゲームです。
■今回は現在発売中のチョコQ日本動物6弾の動物たちの写真を中心に新ブースターが組まれています。今集めているフィギュアと対応するカードでさらに強力なデッキを組むことができます。
■第一弾が出たとき、そこに掲載された動物たちのフィギュアはすでに発売を終えていました。カードゲームから新参入してきた人に、使用フィギュアを提供する救済処置として、第一弾のスターターにはこれまで発売されたフィギュアより8点を選んで新金型で提供しました。これは単なるゲームの「コマ」として塗装なしのクリアバージョンでした。
■ブースター第二弾を出すにあたり、やはりきちんと塗装したフィギュアを添付したいという天田印刷からの希望がありました。一方海洋堂としても、チョコQにうつる前の動物たちのフィギュアをなんらかの形で復活させたいと考えていました。
1〜5弾の金型はフルタのものなので、海洋堂の財産としてそれらのクラシック動物の金型を制作し自由に使用するきっかけも必要でした。
■というわけで、新たな「アニマテイルズクラシック」の受け皿として「わがままな天然列島」のブースターシリーズをとらえ、動物フィギュアを提供していく体制を整えることにしたのです。
■今回のブースター二弾では、一弾のスターター用に作ったものを含め、18種の動物を新金型で復活させました。チョコエッグ時代は原型提供だけでしたが、今回は金型制作過程も全面 的に海洋堂の指定工場で途中チェックも入念に行い、部品分割の工夫や精度が一目見れば判るほど違うものになっています。もちろん原型の再現度を高くするためであり、不自然な分割線を極力減らすことを主眼にしています。(この経験をもとに、来春発売のチョコQ日本動物7弾、ペット4弾の分割と金型を進行させています。乞うご期待)
■18種のラインナップは●カブトムシ(赤みの強い個体)●グリーンアノール(茶色タイプ)●ダイトウオオコモリ(メス)●トキ(生殖羽色)●トノサマバッタ(茶系・群生色)●ニホンアマガエル(灰白色・色彩 変化)●ニホンオオカミ(白狼)●ハクビシン(褐色)●アオミオカタニシ ●エゾナキウサギ ●アカショウビン ●アズマモグラ ●アライグマ ●ニホンアカガエル ●ヤエヤマセマルハコガメ ●ツシマヤマネコ ●ニホンイタチ ●フクロウ
■ごらんのようにラインナップの最初の8つはオリジナルからの色がえバージョンになっています。もちろんオリジナルと同じカラーの動物も、よりクオリティアップをはかり一新されています。
■まあ、海洋堂としてはアニマテイルズクラシックの受け皿なんて失礼な言い方をしていますけれど、実際は独立した、斬新なアイディアとシステムを持ったトレカゲームです。日本の天然記念物付属のカードも混ぜて楽しんでください。
■ブースターカード5枚+フィギュア1体+ルールブックで238円。カードだけで10枚400円とかのトレカも多いですから、新金型のフィギュア+ルールブックつきでこの値段はかなりの冒険です。応援御願いいたします。
■天田印刷加工のサイト ■わがままな天然列島ページ

 

02.12.05●

チョコQ百科発売・チョコQミュージアムららぽーと・海洋堂クロニクル増刷
■チョコQ日本の動物6とペット3の東西入れ替え発売と同時に、小学館恒例(以前は「チョコエッグ百科」)のアニマテイルズ本「チョコQ百科」が発売されました。松村造形の本音の裏話、モデルになった動物たちの実物写 真などいつものしっかりした構成の内容とともに、今回は御蔵島でのミクラミヤマクワガタ超黄紋型発見記(このクワガタ界の歴史をかえる!?発見が日本の動物6へのミクラミヤマ投入のきっかけに)、リュウキュウヤマガメの森探索記などの興味深い記事も満載。これまでのアニマテイルズ日本の動物のオールカタログもあり。価格は999円。詳細こちら
■入れ替え日12/2よりららぽーとセンターコートにてチョコQミュージアムも開催中。9月にサンシャインで行ったチョコQ情報満載の展示会です。詳しくはチョコQ.com
■「海洋堂クロニクル」の二刷が決定しました。既に多くの書店で切れているようですが、いよいよ来週あたりから増刷分が書店にならぶようです。増刷分は腰巻き(本に撒いてある帯)の色がレモンイエローからオレンジがかったイエローになるそうです。これは初刷りの際、前者がデザイナー&出版社、後者があさの氏の意見だったそうで、二刷めはあさの氏の希望をいれることになったとか・・・この後におよんで、まだこだわるか〜と思わず苦笑。
■ 各章のフォントやページフォーマットを全然変えてしまう、異常なこだわりが前代未聞の「海洋堂クロニクル」。その尋常ではない情熱とディープさに、正直、手放しで不特定多数にすすめて大丈夫なのか?というためらいがあったのも事実。既に僕たちは客観的に眺めることができなくなってますしね。そんなとき12/1朝日新聞の書評欄に本書がとりあげられました。えっ!?ととまどうほどのストレートな賛辞であり、『おもしろい 』という言葉をすっと使われて、思わずほっと肩の力が抜けました。うん。面 白いよね、やっぱり。目利きの評論家である書評子にとりあげられ、クロニクルはその日から一般 書店の注文が鰻登りになってるそうです。でも、ホビー界や海洋堂のことを知ってるつもりになっていたり、そんなこと知る必要ないとうそぶいている「自称」ディープなオタクにこそ、本当は読んでほしいとも思うんですけどね。

 

02.11.22●

12月に向けてのリリース
■11月25日 XEBEC/レッズ「アクションフィギュア ゲッターロボ OVA版」※ノーマルタイプとクラッシュタイプあり
■11月25日 講談社「月刊アフタヌーン1月号付録フィギュア ベルダンディ(パールホワイトVer.)」
■11月26日 タカラ「福神根付 -七福神フィギュアコレクション-」 ※年末年始期間限定・全国発売
■11月26日 グリコ「タイムスリップグリコ2」※中四国・九州発売開始

■11月26日 グリコ「黒潮コメッコ AQUATALES 1」※東日本発売開始
■11月28日 小学館「週刊天然記念物24 オオハクチョウ」
■12月2日 タカラ「チョコQ アニマテイルズ日本の動物6弾」※東日本発売開始
■12月2日 タカラ「チョコQ アニマテイルズペット動物3弾」※西日本発売開始
■12月2日 小学館「チョコQ百科」※ミクラミヤマクワガタ 黄紋型・超黄紋型付き
■12月5日 小学館「週刊天然記念物25 タイ」

■12月9日 北陸製菓「レスキュー119 緊急救命車両コレクション」※西日本発売開始
■12月12日 小学館「週刊天然記念物26 タンチョウ」
■12月16日 天田印刷加工「わがままな天然列島 ブースター2弾」※アニマテイルズ日本動物より18種新金型で復刻し添付。8種は色替えバージョン
■12月19日 小学館「週刊天然記念物27 土佐のオナガドリ」※「青いニホンザリガニ」パーツ3号連続添付キャンペーン開始
■12月25日
講談社「月刊アフタヌーン2月号 誌上通 販 ベルダンディ・フルカラーバージョン」
■12月27日 小学館「小学一年生 付録アニマテイルズペット ボストンテリア(わんこミックス版カラー)」
■12月28日 小学館「
小学二年生 付録アニマテイルズペット パピヨン(わんこミックス版カラー)」
■12月28日 小学館「小学三年生 付録アニマテイルズペット マンチカン(茶トラ)」
■12月28日 小学館「小学四年生 付録アニマテイルズ日本動物 エゾモモンガ(茶系カラー)」
■12月下旬 K&M「ちょびっツ2
・アニメ版」※ベンダーおよびボックス入りトレーディングフィギュア

 

02.11.18●

11/25「アフタヌーン」に付録フィギュア「ああっ女神さま」
■書店に見本フィギュアが展示されていて既にご存じの方も多いと思いますが、講談社「月刊アフタヌーン」の11月25日売り号に付録フィギュアがつきます。香川雅彦が制作したベルダンディ。劇場版アニメのポスターイラストを立体化したもので、羽根や衣装の華麗で優美な造形に、実物をご覧になった方は驚かれたことでしょう。いやー、あれがそのまま、雑誌の付録についちゃうとは、僕たち自身びっくりの豪華付録だと思います。そのサイズのでかさと複雑な塗り分けのため、付録フィギュアとしてはパールホワイト塗装バージョンとして提供しますが、次の号では、誌上通 販(いわゆる全プレというやつですな)で塗装済みバージョンも登場します。詳細はアフタヌーンサイト

 

02.11.13●

大好評!なのはいいんだけれど・・・
■おかげさまで北陸製菓「アリスのティーパーティー」は売れてます。ありがたいことです。ただ、当初の予想より売れすぎてしまいました。フルタアリスの後発であり、また第二弾は第一弾より売り上げが落ちる・・・というデータもあるのですが、それなりに充分な量 は用意していたそうです。余分にあっても、後続の販売地域にまわせますしね。ところが、ありがたいことに、こちらの予想をはるかに越えた支持をいただくことになり、関西発売用に備蓄していた商品もすべて東日本ぶんに回されてしまいました。本来12/2に、近畿で黄色い箱と同時に並べて、今度こそちゃんとユーザーが両方選べる状態で販売するという状況に持っていくべく、北陸製菓、中国工場とも無理してもらったのですが、残念ながら中部・近畿地区の販売が延期せざるを得なくなりました。年末年始は流通 ラインが細くなるため、このタイミングを逸すると1月中旬まで出荷ができません。というわけで、近畿地区での発売は1月20日からとなります。お待ちいただいている皆さんには申し訳ないのですが、ご了承ください。■北陸製菓のサイト
■どこの薬屋にいってもQBG「和漢はちみつのど飴・アンティークテディベアコレクション」を見かけたことがない!という話を聞きます。僕も町で薬屋やドラッグストアを見かけるとせっせとチェックしにいっているのですが、実は一度も見たことがない!出荷数は通 常の食玩なみが出回っているはずなので、ここまで見かけないのはよほど薬屋の数があるってことなんでしょうか? まあ、あらためて見回すと確かによくもこんなにあるなーと思うぐらい薬屋だらけ。皆、薬好きなんだなぁ。以前発表されていた取り扱い店リストの店でさえ、商品の供給が間に合っていないそうで、既に初期出荷に倍 する増産がかかっているようです。入荷してもすぐに店頭から消えちゃうという噂もあるんですが、目撃したわけじゃないので、本当かどうかはわかりません。とにかく、通 常の食玩レベルの数がちゃんと発売されて、供給体制も引き続き急ピッチで整えられているのは間違いありません。僕たちとしては、薬屋さんという新たな売場で、食玩のことを知らない皆さんの目につくところにも並んで、そういう人たちがちょっと興味をもってひとつ手にとってみる・・・という状況になってほしいというのが理想なのですが、まあ、予想以上の好評とひきあいをいただいているというのは、とても嬉しいことです。発売後ほんの少ししか店頭にない・・・というのだけがフィギュアの本道というわけではありませんので、目についたときは、ぜひ手に取ってみてください。■クインビーガーデン(QBG)はちみつのど飴サイト
■強烈すぎる個性と価格で売れるかどうかあやぶまれていた!?「海洋堂クロニクル」も当初想像した以上の反応がかえってきているそうで、ひと安心。でも、現在の出版不況といわれる事情ではこういうピーキーな本の初版を大量 に刷ることはできないため、津々浦々の一般書店にたくさん積まれてるなんてことにはなってません。一冊入った本が売れちゃうと、その本屋で見ないなんてことになりかねない。そのまま増刷されないと一度も表紙みないまま、なんてことに・・・。サブカル系やオタク色が強い書店などには平積みされている可能性が高いです。近所の書店で見つけられなかった方、大型書店にいったときにはぜひイエローグリーンの表紙をさがしてみてください。■海洋堂クロニクル詳細

 

02.11.11●

おみくじ付きの縁起物、七福神根付が来た!
11月26日発売のタカラの年末年始限定食玩「福神根付」の最終製品見本が本日届きました。「妖怪根付」の流れを組み、竹谷隆之氏を造形総指揮に迎えて送る、究極癒しフィギュアシリーズであります。仮にも七福神という神様を妖怪扱いはいかがなものかですって?いやいや、菅原道真の例をひくまでもなく、日本では妖怪を神様に奉って呪をおさめるのは常道。妖怪と神様の境界は曖昧です。特に七福神についての「妖怪っぽさ(?)」は、諸星大二郎の「妖怪ハンター」や高田崇史のミステリ「QED 六歌仙の暗号」を読めばあきらか!「百鬼夜行妖怪フィギュアコレクション」の種本である、鳥山石燕の百鬼夜行絵巻にも「宝船」の項目と七福神が登場している由緒正しさなのであります。とはいえ、やはり福々しい表情は年始にふさわしく、御利益満点のイメージ。これまでの妖怪シリーズと違い、こわがりの人にも安心して入手していただけるはず。
■パッケージは、もちろん妖怪根付に続きバナナスタジオさんのデザイン。黄金に輝くパッケージは、ありがたくも渋〜い感じで、売場で目立つことうけあい。お菓子はこちらもなんとなくおめでたい感じの「紅白ラムネ」。 さらにおみくじが入っていて、運勢も占えます。実は今日届いた見本品、フィギュアのチェックより、このおみくじで盛り上がってしまいました(フィギュアはこれまでも何回もチェックしていたので)。 いきなり「大吉」をひいて、おもわずにやり(フィギュアは布袋様だった)。
■肝心のフィギュアですが、竹谷造形のすごさを再認識できるはず。その実力が発揮されるのは、おどろおどろしい造形だけではないんです。諧謔味さえ漂わせた神様たちのデフォルメの的確さ、ユーモラスな表情の造形も一級品。しかもディテールのメリハリと美しさは「リアル」なんて言葉をつい口に出してしまう切れがあります。「爺さんのフィギュアなんて興味ねーよ」なんて食わず嫌いをせずに、まずはその造形センスの凄まじさを味わってみてください。興味なかったものの魅力を知ってしまう快感を感じてください。特に根付サイズの中に7人の神様全員が乗っている「宝船」には絶句することうけあいです。
■カラーリングも高品質を維持していて安心。妖怪根付と同じく、天然色根付と赤根付が存在します。根付らしさは圧倒的に赤根付のほうですが、不可能だと思っていた「宝船」の天然色根付ができちゃったことに感動。もちろん組み紐、解説書付き。解説は妖怪に続き、多田克己氏。
■年始用の縁起物アイテムとして全国一斉発売します。もうフィギュアの生産は終了していますので、品切れした時点で終了です。
■品切れといえば、同じタカラのチョコQがおかげさまで品切れ地域が出ているようです。既に東西入れ替えに向けての備蓄をはじめているため、既に出荷されたものだけで、終了となっています。ご了承ください。12月2日より、「日本動物6」と「ペット動物3」の東西地区入れ替え販売を行います。同時に小学館の「チョコQ百科(ミクラミヤマクワガタ2種付き)」も発売決定。どうぞよろしく御願いいたします。

 

02.11.06●

『ひと』欄に
■朝日新聞朝刊三面の定番コラム「ひと」欄に松村しのぶ登場。うーむ。新聞に出るのはもはや珍しくないのですが(松村の場合夏以降は断り続けているぐらい)、おまけブーム自体の記事ではなく、原型造形家という職業についている「ひと」が、このコラムにとりあげられたのは感慨深いなぁ。原型制作者なんて職業でもなんでもありませんでした。好きなモノを造形して食っていくなんて基本的には職業として成り立つものではなかったんですね。今でもあまりかわっちゃいないんですが・・・。「プロの模型作家がちゃんと食っていける状況」を作ることがアートプラの目指すものでありました。20年やってきて、やっとそこに足を踏み出せたのかな・・・と実感できる出来事でした。
■「日経トレンディ」誌では、2002年の売れたモノベスト30の12位に「タイムスリップグリコ」がランクイン。こりゃ「大ヒット商品」と言っても恥ずかしくないですよね。

■「海洋堂クロニクル」の見本が本日届きました。この4年間何度も原稿を読み、校正も延々しつづけてきたので、もう内容は頭に入っています。そんな僕が一目見て「うわー、きっつぅ〜〜」という本です。テキストや情報 の量の凄まじさはもちろんなのですが、あまりに濃すぎる内容に目がまわり、それよりなにより、斬新なページデザイン(全ページ2色刷り以上!)を含めて、作者の過剰な情念がページの間からむんむん漂ってきて、思わずのけぞりそうになります。行間を読む努力をしなくても、ページ からオーラがあふれ出て目を差すのが感じられるはず(笑)。免疫ない人が書店で手にとると、おそれをなしてすぐに棚にもどしちゃんじゃないか・・・と心配になったりして。明後日の発売日には、カクゴを決めて書店で黄緑の表紙の本に立ち向かってみてください。負けてしまった方には、発売後に攻略法をお教えします(^^;)

 

02.10.23●

いろいろ出る秋
■今日出るハリーポッターの新刊、なんでも早朝から書店あけて販売だとかで大イベントと化してますね。便乗してというわけじゃないですが、この時期、いろいろ新製品がまとめて出ます。
■今週から発売になったのは「QBG和漢はちみつのど飴」。薬系ルートというまったく違う市場ですので、これまでのように発売日にお店にいくとずらりと並んでいるというわけではありません。
通 常の商品として徐々に徐々にひろがっていけばいいなぁ・・・という商品なのでおいてあるお店を探すほうが難しいかもしれません。お店側も得体の知れん新商品をとってくれるとは限りませんからねー。一応取り扱い予定のチェーンのリストがこちらのサイトに掲載されていますが、本部の意向で新製品導入の傾向が大きく左右されるコンビニとは違いますので、電話して聞いてもどの店に入るか判断できるわけではありません。近所のお店で「テディベアのフィギュアのついたのど飴ない?」と聞いてもらうのが実は一番近道かも。まあ、あっという間に棚から消えてしまう宿命の食玩とは違って、薬屋さんにいったときにふと目にとめて買ってみる・・・という本来の姿で買ってもらえる状況ですので、頭の片隅に赤い箱ののど飴のことを覚えておいていただけると幸いです。
■グリコの「黒潮コメッコ AQUATALESもやっと近畿中部地区発売されました。最初の九州四国発売から3ヶ月もたってしまったのが残念なんですが、「深海のオデッセイ」シリーズの流れを組む、リアルな海の生き物たちの姿は海洋堂絶対の自信作。ぜひ、集めてください。カツオ味のコメッコも美味しいですしね。第二弾も来年早々の発売を目指して、すでに量 産見本が完成しています。AQUATALESはコメッコ以外でも、さまざまなアプローチで広がっていく、海洋堂のメインストリームです。机の上の「水のない水族館」をひろげてください。
■K&M「手塚治虫アンソロジー1」も今週から発売開始。造形詩人香川雅彦の描くヴィネットは、造形力はもとより、その圧倒的な構成力で、他が真似る事のできない領域に達しています。今回、塗装工程数の桁違いな多さと、中国側の塗装技術のレベルは最高のものに達したと自負しています。箱に入ったトレーディングフィギュアとして(版権契約の関係でカプセルベンダーで販売できないのです)、セブンイレブンをメインに販売中。第二弾の原型も完成しています。次は何が出るか、いろいろ予想してみてください。
■25日にはWTMを駒として遊ぶ「ワールド・タンク・バトルズ」が発売されます。WTMは来年1月に第三弾を発売すべく、現在パッケージや解説書の制作が佳境に入ってきました。中国からは量 産サンプルが届いており、製品のほうの生産が開始されます。第三弾発売時にはまた様々な連動企画が動く予定。お楽しみに。
■25日の模型雑誌・フィギュア雑誌にはTSグリコ第三弾のウルトラシリーズについてさらに詳細な情報が。
■来週28日からは、いよいよ北陸製菓「アリスのティーパーティー」(関東)「レスキュー119」(九州)の発売が開始されます。さらに、「ペンギンズランチ2」の関西・中部・北陸地方の発売もこの日から。北陸製菓サイトには画像が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。レスキュー119は実物を手にしたときの充実感がすごいので、東京、大阪の方はぜひホビーロビーで実物をご覧ください。26日には先行発売会「アリスのティーパーティーのティーパーティー」も開催します。

■永遠のように続く校正作業をしつつ本当に出版されるのか危ぶんでいた!?「海洋堂クロニクル」がついに校了したとの知らせが昨日届きました。あさのまさひこ氏は、あの「ガンダムセンチネル」を紡いだときと同等かそれ以上のエネルギーを注ぎ込んだのは間違いないでしょう。「いい加減やめときなはれ」とこっちが心配してもなおやってしまうこの「過剰さ(の自乗)」こそ、あさのまさひこの仕事なんだと改めて思い知らされた数年間でした。もちろん長くやってるからいいのではなく、いい加減にやっても他より優れた仕事ができる人間が、自分の理想のハードルを越えるためだけに(誰も望んでないのに)やりげたものだから「違う」のです。この特別 な一冊が海洋堂を「素材」にして書かれたことを名誉に思います(これは海洋堂を記録した本である以上に、海洋堂をたたき台にして造形魂を主題に書かれた本なのです)。発売は11月8日。刮目して待て。

 

02.10.17●

MG誌上通販WTM発送は来週から
■Model Graphix誌ワールドタンクミュージアム特集号で行った誌上限定通 販(土居タイガー・ファモちゃんボトルキャップ・第一弾キット版×4)多数の申し込みありがとうございました。あまりに多すぎて(予想の数倍・・・)整理と生産に時間がかかり発送がなかなかできなくて申し訳ありませんでした。来週より発送を開始できるとの情報が入りました。申し込まれた皆さん、いましばらくお待ちください。
■昨日お知らせしたワールド・タンク・バトルズですが、お近くに取扱店がない場合、コマンドマガジンサイトからオンラインで通 販の申し込みができるようです。ご利用ください→コマンド・マガジンサイト
■カイカイキキ制作「大勝利Tシャツ」19日ごろよりホビーロビーで発売されるようです。3000円。

 

02.10.17●

11月に向けての新製品ラインナップ
■10月19日 カイカイキキ/海洋堂「パンツァーテイルズWTM大勝利Tシャツ3種」※ホビーロビー限定
■10月21日 クインビーガーデン「
QBG和漢はちみつのど飴・アンティークテディベアコレクション」※薬局・薬店
■10月22日 グリコ「黒潮コメッコ AQUATALES 1」※中部近畿発売開始

■10月22日 K&M「手塚治虫ヴィネットアンソロジー」 ※セブンイレブン他 ¥250トレーディングフィギュア
■10月24日 小学館「週刊天然記念物20 ヤンバルクイナ」
■10月25日 コマンドマガジン 「ワールド・タンク・バトルズ」※WTM使用ボードゲーム→ 詳細
■10月28日 北陸製菓「レスキュー119 緊急救命車両コレクション」※九州先行発売
■10月28日 北陸製菓「アリスのティーパーティー 人形の国のアリス2」※関東甲信越先行発売
■10月28日 北陸製菓「ペンギンズランチ2」 ※関西・中部・北陸発売開始

■10月31日 小学館「週刊天然記念物21 ニホンザル」

■11月7日 小学館「週刊天然記念物22 コウノトリ」
■11月8日 太田出版「海洋堂クロニクル」あさのまさひこ著
■11月14日 小学館「週刊天然記念物23 岬馬」
■11月18日 北陸製菓「アリスのティーパーティー 人形の国のアリス2」※北海道・東北発売開始
■11月中旬 XEBEC/レッズ「アクションフィギュア 北斗の拳200X ラオウII」
■11月21日 小学館「週刊天然記念物23 タヌキ」
■11月25日 講談社「月刊アフタヌーン1月号付録フィギュア ベルダンディ(パールホワイトVer.)」
■11月26日 タカラ「福神根付 -七福神フィギュアコレクション-」 ※年末年始期間限定・全国発売
■11月26日 グリコ「タイムスリップグリコ2」※中四国・九州発売開始

■11月26日 グリコ「黒潮コメッコ AQUATALES 1」※東日本発売開始
■11月28日 小学館「週刊天然記念物24 オオハクチョウ」
■11月下旬 XEBEC/レッズ「アクションフィギュア ゲッターロボOVA版」※ノーマルタイプとクラッシュタイプあり

■12月2日 タカラ「チョコQ アニマテイルズ日本の動物6弾」※東日本発売開始
■12月2日 タカラ「チョコQ アニマテイルズペット動物3弾」※西日本発売開始
■12月2日 小学館「チョコQ百科」※ミクラミヤマクワガタ 黄紋型・超黄紋型付き

02.10.16●

ミニタンクで戦え!ボードゲーム「ワールド・タンク・バトルズ」10/25緊急発売!
■ワールドタンクミュージアム(WTM)を手にした人がきっと考えるであろう「これを駒にして戦いたい」という妄想を現実のものとした「ワールドタンクバトルズ」が10月25日より、コマンド・マガジンより1980円で発売されます。コマンドマガジンは書籍形式なので書店が販売のメインになるんじゃないかと思われます。
■古式ゆかしいヘックス盤上にWTMを並べて戦うウォーゲーム。史実を知らなくても数分で理解できるルールで、「タクティカルシミュレーションゲームは面 倒で」というあなたも気軽にはじめることができます(実際にデモを見ただけで僕にさえとりあえず理解できた)。とはいえ、ウォーゲーム専門雑誌の作ったゲームだけに、ばかばかしい幼稚なルールというわけではありません。カードシステムを使用することにより手の読みあい、駆け引きも導入され、人対人のゲームの面 白さを堪能できます。もちろん、WTM1弾2弾のタンクそれぞれの性能を生かし、自分ならではの戦車隊を組むシナリオもあり。
■山のようにWTMを集めたあなた、いまこそそれを「使って」遊べるときがきました。ちゃんと、複数用意してありますか?詳細はコマンドマガジンのサイトまで。
■ついでといってはなんですが、WTM関連のサードパーティ商品つながりで紹介してしまいましょう。先日パリコレでルイ・ヴィトンの新しいトレードマーク(とそれをあしらったバッグ)を発表して大センセーションをまきおこしているおなじみの現代アーティスト村上隆氏。モデルグラフィックス誌WTM 特集のモリナガ・ヨウ氏のイラストをすっかり気に入った氏が、悪ノリして(?)作り上げた「パンツァーテイルズ大勝利Tシャツ」が完成。氏が率いるカイカイキキプロデュース。ホビーロビー限定発売です。モリナガ・ヨウ氏の描き下ろしイラスト三種類が素晴らしい。どんな絵柄なのかはホビーロビーでお確かめください(ちょっと恥ずかしいのも・・・)。

■コマンドマガジンサイト ■カイカイキキサイト

 

02.10.15●

アンティークテディミニチュア全種写真公開
■発売1週間前にして、QBGの「和漢はちみつのど飴」のサイトが本格的に始動。これまでフランツ一種のみの写 真公開でしたが、全種公開され、他ページも一新しています。このシリーズの場合特に画像だけだとディテールや質感がなかなか伝わりませんので、お近くの方はぜひホビーロビーなどで本物をご覧になってください。
■取り扱い店舗一覧も掲載されているので、チェックしてみてください。以前発表されていた最大手ドラッグストアなどが消えているので「あれ!?」と思ってQBGさんに問い合わせたところ、全店で扱うわけではないこと、そして、電話であまりに頻繁に問い合わせがあって業務に支障が出るためにWEBでの掲載を見合わせたという事情のようです。発売日以降に実際にお店でチェックしてみてください。
■ホビーロビーでの先行発売&交換会は東京19日、大阪20日です。
■クインビーガーデン・和漢はちみつのど飴サイト

 

02.10.13●

バーコード残しておいてください
北陸製菓サイトのニュースで、「アリスのティーパーティー」と「レスキュー119」のバーコードを集めて応募するプレゼントの告知がなされています。何があたるのかは発表されてませんが(まだ僕らも詳しくしらない)、捨てないようにあらかじめお知らせです。サイトだけのお知らせ企画の可能性も高い(少なくともパッケージなどに書かれているプレゼントではない)ので、お忘れなく。
■さらに北陸製菓ページで、「人形の国のアリス第一集」のフィギュア画像もアップされました。こうしてあらためてみてみると、ずいぶんたくさん作りましたね。2冊の本だけでこれだけ魅力的キャラクターがいるもんだと感嘆。一瞬出てくるだけのキャラクターもいますが、テニエルのイラストになると、皆の心にこれほど強烈に刻みつけられてしまうのですね。
■ホビーロビーでのアリス&レスキュー先行発売会「アリスのティーパーティーのティーパーティー」は10月26日です。

■北陸製菓アリス・レスキュー119ページ

 

02.10.09●

レスキュー119 のこだわりカンパン
■今朝、北陸製菓より現在生産中の「レスキュー119」と「アリスのティーパーティー」製品版が届きました。もちろんこれまでにもパッケージの色校正などを通 じてデザインなどを見てきたんですが、やはり製品として完成したものが届くと感激ひとしお。今回のパッケージもいい感じに仕上がったなぁ。
■消防官の後ろ姿イラスト(北陸製菓サイトのコーナーにでてくるやつ)がりりしい「レスキュー119」のパッケージ。かなり分厚い。封を開けると、ぎっしりつまっているんですね。消防車両もそうなんですけど、ボーナスのフィギュアの折れ防止用の保護で厚紙の筒があったりして、結構嵩がある。しかも、2粒ぐらいだと思ってたカンパンが意外といっぱい入っててびっくり。久しぶりに食べたんですが、やっぱり北陸製菓製はしみじみ味わい深くて美味しいです。パッケージ横の解説文にもあるようにカンパンを作り続けて60年の北陸製菓
のこだわりが感じられる味ですね。非常食というより、普通 におやつにしてもいい感じ。で、別にコンペイトウが入っているのが北陸製菓の特徴なんですが、このコンペイトウが大きくてまたびっくり。コンペイトウって製造にめちゃくちゃ手間と時間がかかるので(「美味しんぼ」参照)一ついれるだけでも高くなる・・・しかもカンパンの入っている小さな袋に必ずひとつ入れる手間って人力でないとできないので、コストもバカにならないそうなんですが、やはり「北陸製菓のカンパンにはコンペイトウを入れねば」というこだわりらしいです。懐かしい味を噛みしめて味わってください(これまた美味しいのだ)。
■箱の大きさに比べ、緊急車両の大きさは小さく感じるかもしれませんけど、濃密なディテールと塗装の完成度は量 産版でもかわってません。消防車のことを知らないあなたも、一度ふれれば欲しくなります。しかもボーナスフィギュアが複数でワンセットのものもあって、おまけでも満腹できます。
■ちなみにレスキュー119のアートディレクションは、ペンギンズランチ、ワンフェスオフィシャルドリンクやガイドブック表紙でおなじみのデザイナー大岡寛典氏。ランチシリーズとはひと味違う、内袋や解説カードなどの斬新なデザインワークをお楽しみに。大岡氏はいま、太田出版の「海洋堂クロニクル」のデザインで缶 詰状態らしいです。遅れに遅れたこの本も11月8日発売に決定した模様。あさの氏は最後の最後までテキストを練りに練っているらしい。
■アリスのティーパーティーは200円でおさえるためにかなりコストを切りつめねばならなかったんで、クッキーの数も2個だけなのが北陸製菓さんとしては悔しいところ(ほんとは二個だって大変。わざわざこれのために焼いているのだから。ありもののキャンディーやラムネとは桁違いのコストなのです)。でもひとつひとつ包装された英国風味のクッキーは、さすが北陸製菓の面 目躍如の美味しさ。企画室の皆が争って食べてました。めいっぱい期待して大丈夫。
■北陸製菓アリス・レスキュー119ページ

 

02.10.08●

このフィギュアは?
■アリスのティーパーティーにはボツになった原型が存在した!?・・・いや、冗談じゃなくて、ホントにそうなんです。
■今回オミットされた原型3種類の写真をこちらに掲載しました。レジンで抜いた状態の未塗装版なんですが、逆にモールドは判りやすいかと思います。
なんでオミットされたかという裏話は長くなるので、上記の ページに書くとして、今回これを掲載したのは、フルタのアリスシリーズにこのウサギとジャバウォッキーが入っているため。まあ、以前「比較用に画像をばんばん載せるでー」と息巻いてたのに、さぼっちゃったんで(笑)、ちょっと挽回せねばと。ちょうど昨日から、フルタ版が出てしまったので、ちょっとあわててアップしてます。フルタ版に法廷ウサギ入ってると知ってたら、ティーパーティー版にも絶対いれてたのにな。
■アリスの原型には「村田塗り版」というのも存在してたりします。原型の村田氏が色彩 設定をするために自ら塗装したものです。薄塗りを重ねたその塗装は素晴らしいんですが、そんな超テクニック塗装ではさすがに量 産はできない。というわけで、村田版をもとに量産用塗装見本が海洋堂で作られることになります。今月25日発売のモデルグラフィックス誌では、これまで門外不出だった(?)村田版が掲載されるようです。
■北陸製菓サイトににアリスと、レスキュー119のページがアップされています。かなりいい感じなので、ぜひご覧ください。

■アリスのフィギュアページ ■北陸製菓アリス・レスキュー119ページ

 

02.10.06●

「ラピタ」TSグリコ特集発売中
■昨日、梅田の旭屋書店にいったら、黄色くてやたら分厚いラピタが目立ってました。見てる間に60代のおじさん、30代のサラリーマン風、20代のおねえさん・・・と次々と目をとめて手に取っている。コレクターが目指してきたって感じじゃなくて、書店でふと目にとまって・・・っていう感じ。で、次々とレジに持っていくのを見て感動しました。書籍関係のおまけ、今年になっていろいろ出しましたが、一般 書店でこんなに劇的に売れていくのを目撃したのははじめて。しかも年齢、性別 とわず。あらためてタイムスリップグリコという商品の特殊性(?)とグリコブランドのすごさを知った気がします。先月のラピタで、トミカの2000GT特別 バージョンがおまけについて、即完売という事件がおきたそうなので、今月売れなかったりしたらどないしょーかと心配してましたが、この様子なら、まあ、大負けはないような気がします(希望的観測)。
■表紙におまけのスバルのことを「海洋堂がこれ用に作りました」的なことかいてあるけど、ちょっとおおげさかも(笑)。改造バージョンなので。二弾のスバルの原型をあちこちかえて(一番目立つのはバックミラーがついたことでしょう)違う形式のスバル360にしてあります。もちろん新金型ではあるんですけどね。
■スクープとして発表された三弾の鉄人にかわるキャラシリーズですが、あれが全部ではありませんし、また掲載されたのがすべて採用されるとは限りません。いろいろ変更もありますので、ご注意を。またこれは原稿の間違いですが原型は竹谷氏だけではなく、鉄人にひきつづき中沢氏が多くを制作しています。このシリーズのコンセプトは「劇中のシーンを忠実に再現」・・・なんてもんを超える、これまで誰も見た事のない迫力の「絵」を造形で創り上げるということです。ご期待ください。
■さらに中国工場ですが、まるで海洋堂所有の工場みたいに書かれてますが(苦笑)、海洋堂の製品「も」作っていただいている工場ですからね。なんか最近大メーカーかなんかと勘違いされることがしばしばありますが、海洋堂なんて従業員が数十人の零細企業・・・というより技能者集団にすぎないのです。
■中部近畿地区でも今週より「タイムスリップグリコ第二弾」が発売されます。ラピタの特集をながめつつ、集めてみてください。
■ラピタサイト ■グリコサイト

 

02.10.06●

「QBG和漢はちみつのど飴アンティークテディベアコレクション」の正式サイトオープン
■発売まで2週間と迫ったのど飴テディの正式ページがオープン。http://www.qbg-teddy.com/までどうぞ。今日現在では商品写 真はひとつしかまだ公開されてませんが、取り扱い店舗(というか、薬局チェーン)の一覧が発表されているので、要チェック。よく知られた大手チェーンも入っていますが、もちろんそれぞれの店舗の判断によって取り扱わないことがあると思いますので、ご了承ください。薬系ルートでこういう概念の専用商品が流れるのは前例がないので、いったいどのように広がっていくのか(それとも大失敗に終わるのか)まったく予想がつきません。初回出荷の数は通 常の食玩と比べれば微々たるものなのですが、幸い反応もよく、新参の商品としては結構な量 が出るようです。大量の商品を同時にあらゆるルートに流さねばならない厳しい掟のあるお菓子流通 と違って、商品の動きによってじわじわと広げていくのが可能なので、どういう模様を描きだすのか、不安ながらもわくわくしている状態です。
■のど飴業界(?)も厳しい競争があるようですけれど「はちみつのど飴」はたとえおまけ抜きでも大成功するんじゃない?というぐらいに美味しい。はちみつのマイルドさとハーブのすっとした香りがいい感じでミックスされていてのどによさそうな気がするんですよね。企画室にはお菓子の見本品があふれているんですが、はちみつのど飴は、あるとよってたかって皆に食べられてしまうのであった。
■QBG和漢はちみつのど飴アンティークテディベアコレクションサイト

 

02.09.28●

薬局専用食玩という史上初の試み「QBG和漢はちみつのど飴アンティークテディベアコレクション」
■クインビーガーデンという聞きなれぬメーカーの(ほんとははちみつとロイヤルゼリーで大きなシェアを持っているメーカーだったんですが)最初の訪問をうけたとき、またいつもの「おまけをつければなんでも売れる」系の勘違い依頼だと思ってお断りしかけていたんです。ところが、薬系ルートという新たな市場を拓く可能性や、ちゃんとはちみつを利用した本格的なのど飴の開発とそれを後押しするためのおまけ・・・という冒険を恐れない姿勢に共感して、パートナーとして歩きはじめたのでした。北陸製菓もわりと似た感じのスタートだった気がします。
■というわけで、はちみつのプロが作り上げた美味しくてのどにやさしい「はちみつのど飴」に、由緒正しいアンティークテディベアの超リアルミニチュア(もちろんはちみつ→クマの連想から企画された)をつけた画期的製品が誕生しました。
■基本的に薬局・ドラッグストアのみの展開となります。コルゲンコーワやサトちゃんの指人形の昔から、薬局ではノベルティとしてのマスコット人形をおまけにつけるのはめずらしいものではありませんよね。ただ、ブラインドパッケージを前提とし、最初から商品とフィギュアがワンパックで企画され、コレクションの楽しみがコンセプトの重要な一角を担う専用商品が、薬店ルートに流れるのはおそらく前代未聞でしょう。
■通常の食玩とはまったく違う商習慣のルートですから、これまでのようにものすごい量 を一気に出して売り切る・・・ということが強制されているわけではありません。じっくりとこの新しい商品を広めていけば・・・という戦略です。ですから、「どこの薬局いっても大量 につんである」という状況にはなかなかならないと思います。手に入りずらいかもしれません。古い体質も残ってますから、こんなへんな商品を、いきなり入荷することをためらう卸業者や小売店も多いはずですし。
■ただマツモトキヨシの例をあげるまでもなく薬をめぐる商売
のスタイルもどんどん変化しつつあります。そういうところが興味を示し、そして売れてくれれば、きっと状況はかわっていくと思います。
ホビーロビー東京では10/19、ホビーロビー大阪では10/20に先行発売デイを設けます実はこれは食玩のことやフィギュアのことを認知していない薬系の業界の人へのデモンストレーションでもあるので(だから一日ずつずれている)、ぜひ大勢の方に来ていただき、盛り上げてもらえるとうれしいです。もちろん、トレードスペースも設けますので、テディの交換だけではなく、他のフィギュアのトレードも歓迎です。(翌週のアリス&レスキューティーパーティもよろしく)
■フィギュアのほうは、アリスでおなじみ村田明玄。もとアールヌーヴォタッチのレリーフや彫刻の職人であり、クラシックドールのコレクターである彼以上にこのテーマに適した人間などかんがえられません。彫刻で再現できるかどうか不安だった毛並みの表現も質感も、想像以上のできばえです。最近動物フィギュアでただ単に筋をいっぱいつけることで「リアルな毛並み」ぶっているものがあって思わず苦笑してしまいますが、小さなスケールの彫刻・彫塑において、その大きさにふさわしい質感の毛並み表現とはどういうことなのか、このテディフィギュアがひとつの回答を見せてくれるでしょう。由緒あるクラシックベアらしく、毛の擦り切れた感じや糸のほつれまで完全再現されていることに、きっと驚愕するはず。
■ベアとともに、雰囲気を盛り上げるアンティークトイや古いカメラ、キャンディボックスなどのミニチュアと飾り台が付属しています。この付属のミニチュアだけでもひとつのおまけになりうるすごい完成度です。お楽しみに。
■クインビーガーデンホームページ

 

02.09.28●

宮脇本の売れ行き
■先週の朝日新聞の土曜版のフロントページに巨大な宮脇修一専務の写真が載っててびっくりの皆さんも多かったと思います。僕も知らされてなかったのでびっくり。チョコQにあわせ、あちこちから取材が重なってて把握しきれてないんですね。まあ、生き残りをかけて、せいぜい広告塔になってもらってますけれど、あまりに多すぎて本来の仕事に支障がでてきたのでちょっとセーブしつつあるところ。

■先日発売された宮脇の本、光文社新書「造形集団海洋堂の発想」の執筆構成をてがけていただいた小林信子氏からのメールによると、くだんの本、東販の新書ノンフェクション部門の売れ行き第8位 になってるとのこと。でここ見ると、確かにそうなっている。うひゃー。週刊文春の書評にもとりあげられてるし、毎日新聞社も本の取材にきたりして、なんだかちょーしにのってます。海洋堂が何を考えて造形をしているのか、何が他と違うのか、に少しでも興味ある人はお読みください。まあ、とりこぼした重要なエピソードもあるし、本当に大事なことがなかなかうまく伝わってないもどかしさもあるんですけど、それらを知りたい人は、さらに外側から深く鋭く切り込み、解体し、詳しく解説した労作「海洋堂クロニクル」(あさのまさひこ著・大田出版)が10末には出ます。あわせてぜひ。
■その上、今週発売号の「テレビブロス」で、宮脇の連載コラムがはじまったりしてるのであった。

 

02.09.28●

さらに追加「ペンギンズランチ2」中部関西発売日程
■これも、9/19づけのラインナップ表に追加しました。すっかりお待たせしてしまった「ペンギンズランチ2」の中部・関西での発売日が決まりました。アリスやレスキュー119と同じ10/28より。アリスが関東、レスキューが九州ですから、この日日本全国3箇所で別 々の北陸製菓製品が出ることになります。

 

02.09.20●

ラインナップ表にグリコの追加
■ラピタの特集について書いたのに、肝心の製品発売予定がぬけてました。TSグリコ第二弾の中部近畿発売日は10月8日よりとなります。
■その後の発売予定は11月下旬に中四国九州地区発売となります。
■ラピタにつくスバル360は黄色バージョン。小売店用に配布された初期生産の店頭サンプルのスバルが黄色でしたが、商品版では色が白に変更になったため、グリコ本体のおまけとしては黄色スバルは存在してません。ラピタ版は色を変えただけではなく、実は・・・まあ詳しくはラピタの発売をお楽しみに。第三弾のスクープも載っています。鉄人にかわる、キャラクターものです。
■お待たせしている黒潮コメッコの今後の発売予定として、10月22日に中部・近畿発売、11月26日に首都圏・東北・北海道発売が予定されています。最初に九州中国四国で発売されてから3ヶ月もお待たせしてしまったのは、在庫をためていることと、TSグリコとの発売地区・時期が重ならないようにとのグリコの配慮によるものです。もうしばらくお待ちください。第二弾はすでに完成しており(というか、原型は第一弾と同時に完成してます)来年早々には発表できればと計画中です。応援があればAQUATALESも新展開をと考えています。松村しのぶが次のチョコQの原型についに一段落つけたので(今年は天然記念物との併走でとにかく地獄のような缶 詰状態だったのだ)、生き物関係の別シリーズがようやく着手できるようになります。彼が直接造形しなくても、頭脳として総指揮者として自然シリーズへの参加は不可欠なんですね。シリーズ続編だけではなく、新機軸のシリーズも計画中。お楽しみに。

 

02.09.20●

アリス大型画像を追加しました
■北陸製菓「レスキュー119」と「アリスのティーパーティー」の発売日が10/28に決定。アリスについては、フルタのアリス2が10月早々ということで、後追いになってしまいます。17日付けのチョコQのときも書きましたが、エンドユーザーの多くは海洋堂がアリスを作っていたことも、海洋堂がフルタを離れたことも知りません。比較し、目で判断してどちらかを選ぶのなら問題ないのですが、北陸アリスを見る前に、知らずにフルタアリスを手にしてしまう人が多いと考えるとやりきれません。半可通 が「海洋堂が作ったもの」と勘違いする恐れもあります(現に今のチョコエッグをまだ海洋堂製だと思っている人にあうことが多々あり、哀しくなります)。このサイトを見ている人の多くは事情をご存じだと思いますが、情報を知らないユーザーがここを見つけたときの判断の手がかりとして、繰り返し記しておきたいと思います。
■フルタのアリス2の商品サンプル見せてもらったのですが、解説書等も1のときと同じ構成で、案の定、去年僕が書いた解説文章もそのまんま流用してあり、肩をすくめるしかありません。自分たちの製品だというなら、もっと手と知恵をかけてほしい。かつて一生懸命に考え育てた「人形の国のアリス」の名を貶めないためにも。
■まあ、なんだかんだ言っても、フィギュアのクオリティが一番大事(でも、いいものが売れる・・・とは限らないところが商売の悲しさなのですが)。最終的にどちらを選ぶか(どちらも選ばない、どちらも選ぶ)を決めるのは、もちろんユーザーです。アリスのティーパーティーのコーナーの写 真を、さらに大きいものが見られるようにしました。ただし、この写真は原型サンプルなので塗りは最上の状態です。製品版になったときには簡略化されたり、変更されたりする可能性もありますのでそのへんは割り引いて「比べて」ください。ただ、すでに届いている製品版のサンプルは、僕たちが十分満足できるものであることを付け加えておきます(まあ、普通 は自分のとこの製品の出来を悪く言うわけないので、眉につばをつけてお待ちください。ホビーロビーにはなるべく早めに飾るようにします)。
■北陸製菓の新製品発売前恒例の「ティーパーティー」をホビーロビーで行います。今回は「アリスのティーパーティーのティーパーティー」。もちろんレスキュー119(思えばこれが北陸製菓との最初の製品になるはずでした。やっぱりメカは長くかかる〜)も同時発売です。開催日は10/26です。
■アリスのティーパーティの写真ページ ■北陸製菓のページ

 

02.09.19●

10月にかけてのラインナップ
■9月16日 タカラ「チョコQ アニマテイルズ日本の動物6弾」※西日本発売
■9月16日 タカラ「チョコQ アニマテイルズペット動物3弾」※東日本発売
■9月19日 小学館「週刊天然記念物15 奈良のシカ」
■9月26日 小学館「週刊天然記念物16 シマアカネ」
■9月下旬 K&M「エヴァンゲリオン5集・男の戦い」※セブンイレブンガチャボックス・カプセルベンダー
■10月1日 ロッテ「銀河鉄道999」 ※セブンイレブン限定玩菓
■10月3日 小学館「週刊天然記念物17 ツシマテン」
■10月4日 スターフィッシュ「海洋堂動物フィギュアアーカイヴ/CD4枚組」※3Dデータ集・オカメインコSp.カラー付※サイト
■10月5日 小学館「ラピタ11月号 タイムスリップグリコ特集」 ※ラピタ仕様(黄)スバル360+TSグリコ第一弾のうちひとつ付
■10月8日 グリコ「タイムスリップグリコ2」 ※中部・近畿発売開始
■10月10日 小学館「週刊天然記念物18 クマゲラ」
■10月17日 小学館「週刊天然記念物19 ダイトウオオコウモリ」
■10月21日 クインビーガーデン「QBG和漢はちみつのど飴・アンティークテディベアコレクション」※薬局・薬店のみ準備室サイト
■10月22日 グリコ「黒潮コメッコ AQUATALES」※中部近畿発売開始

■10月24日 小学館「週刊天然記念物20 ヤンバルクイナ」
■10月下旬 K&M「手塚治虫ヴィネットアンソロジー」 ※セブンイレブン他¥250トレーディングフィギュア
■10月28日 北陸製菓「レスキュー119 緊急救命車両コレクション」 ※九州先行発売
■10月28日 北陸製菓「アリスのティーパーティー 人形の国のアリス2」 ※関東甲信越先行発売

■10月28日 北陸製菓「ペンギンズランチ2」 ※関西・中部・北陸発売開始
■10月31日 小学館「週刊天然記念物21 ニホンザル」
■10月下旬(までに出るといいな〜)太田出版「海洋堂クロニクル」あさのまさひこ著

 

02.09.17●

チョコQついに正式発売開始
■というわけで、この秋最大のメインイベント、遂に開幕です。昨日〜今日にかけ、チョコQの正式発売版が出回り始めたはず。西日本は日本の動物第6弾の黄色+黒、東日本はペット動物第三弾の水色+青のパッケージが目印です。フェイス面 の動物写真いろいろあるので楽しんでください。
■チョコQのサイト、ホームページに日替わり動物写真が登場しているようです。毎日チェックして〜。
■昨日のワールドビジネスサテライトでもとりあげられたように、チョコQはあくまでも新参者の挑戦者にすぎないのです。僕の周囲のネットをいじったり食玩をちょこっと買っていた人でさえ、未だにチョコQのことはおろか、海洋堂がチョコエッグに別 れを告げたことをも知らない人がほとんどで、いちいち説明するのがいやになってるぐらいです。一度築き上げられたブランドは圧倒的。たとえば映画やゲームの「2」の制作者や監督が総とっかえになっても誰も気にしないのと同じで、「誰が作ってるか」より「知られたブランドネーム」で、買うものを選ぶのが世の常。まして「たかがお菓子のおまけ」をや。おそらく、これまでなにげにチョコエッグを買っていた多くのエンドユーザーは、海洋堂の名など知らないし意識したことさえないのでしょう。
■僕たちはその状況を--蝸牛の歩みといえども--変えていきたいと、あらゆる機会にあえて大声で叫び続けたいと思っています。「いいもの」は人の手と明確な意思によってのみ生み出されるのです。チョコエッグという巨大な牙城を離れ挑戦者となって生き残らねばならない今、そのことをもう一度刻んでおきたい。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

02.09.09●

Qの日・広告批評誌大特集・チョコラ本・出版ラッシュ・・・等
■ついにチョコQ公式デビューの日が来ました。実際には今晩から明日に入荷するお店も多いと思われます。ペットも日本の動物も同時に味わえる全国一斉販売を楽しんでください。ホビーロビーにも入荷していますが、おかげさまでどうやら本日中に在庫がなくなりそうとのこと。数量 限定ですので、どこかで余った〜なんてことのない限り、もう入荷はありません。ご了承ください。
■あの『月刊 広告批評』の見本誌が届いていて、その内容にびっくり。表紙にチョコQフィギュア。そして「特集・ 海洋堂おまけ図鑑」の文字。今月海洋堂のおまけをとりあげているのは聞いていたのですが、まさかここまでの大特集だと思っていなかったので、ほんと驚いてしまいました。 だって、30ページ以上に渡る海洋堂おまけのカラーカタログに続き、40ページに渡る各界論客の海洋堂おまけフィギュアの分析、対談、インタビュー記事・・・。オタクの外側からの視点で海洋堂オマケフィギュアがこれほど集中して取り上げられたことはなく、しかもこの量 は圧倒的で、まさに青天の霹靂でありました。広告としてのおまけ論はもちろんなのですが、おなじみ現代美術作家村上隆氏(土曜日の「美と出会う」はご覧になりましたか?)の海洋堂が模型を通 して何をやっているのかに言及した一文はぜひ一読を。当初からの理解者である荒俣宏氏がトリを努めておられます。『広告批評』はほとんどの書店で入手できます(マドラ出版 ¥630)
■その荒俣 宏氏の執筆した妖怪カード&フィギュアで話題の『妖怪陰陽絵札』の陰の巻がいよいよ、明日よりセブンイレブン先行で発売されます。竹谷造形の妖怪たちの異常な完成度は特筆物。机の上に百鬼夜行を演出してください。さらに、全妖怪の解説ブック+菅原道真など特製フィギュアがセットになった『陰陽妖怪絵巻』の陰の巻が同時発売。
■もう一冊、本日NTT出版『チョコラザウルスオフィシャルファンブック DINOTALES3』の見本が届きました。原型モデルのアップ写 真はもちろん、原型制作者のコメント、塗装担当者(古田悟郎)のコメント、山本聖士氏のイラスト・・・そして付録としてアクロカントサウルスホワイトバージョンがついています。白い肉食恐竜がひとつのラインを形成してきましたね。本家チョコラザウルス3のほうは、現在近畿地方で発売中。
■チョコラ本のデザインを手がけたのはバナナスタジオ。そう、チョコQパッケージ&解説書やアリス、妖怪根付など、海洋堂関連の食玩パッケージをずいぶん御願いしています。10月発売のデータCD「海洋堂動物フィギュアアーカイヴ」のパッケージや広告もそうなんですね。これからも『福神根付』などで活躍していただく予定。
今週はさらに、9/12に日本文芸社より『海洋堂フィギュアコレクション OFFICIAL SUPER CATALOGUE9/13に光文社新書『造形集団 海洋堂の発想』(宮脇修一著)などの関係書籍が発売される予定。
■本命であるはずのあさのまさひこ氏の『海洋堂クロニクル』はますます遅れている模様・・・とにかく全ページ2色刷りにしちゃったり意味もなく凝りすぎでどんどん遅れるわコストががんがん上がるわで、もはや作者印税がもらえない状況にまで追いつめられてるのにまだクオリティあげるつもりらしーです。どうやら発売は10月になるらしい。ほんとはワンフェスで華々しくデビューの予定だったんですけどね。トホホ。

 

02.09.06●

チョコQミュージアム開催中
■9月9日の特別セット全国発売を前に、チョコQについての動きが活発になってきました。池袋サンシャインシティでの「チョコQミュージアム」も無事開幕。世界ではじめてのチョコQを購入されたお客さんを、僕も目撃しました。朝早くから、並んでいただいた皆さんありがとうございました。
■販売は初日だけですが、会期最終日の9月9日は、ちょうど特別セットの発売日となります。サンシャインシティの「トイザらス」でもこの日より発売予定なので、ミュージアムとともに、初チョコQをお楽しみください。

■会場では、来年発売の「ペット4弾」「日本の動物7弾」の原型モデルをはやくも展示。現在「週刊天然記念物」のフィギュア制作にかかり切りになっていて、本来なら制作不可能のはずの松村しのぶがこの夏完全缶 詰になって制作した(現在進行形ですが)血と汗の結晶の動物たちをお楽しみください。彼はいっさいの手伝いなく、一人ですべてを造形しているのです(もちろん、原型が出来た後は、複製や塗装など多くのスタッフが関わっているのですけどね)。
■特別セットに入っている「わがままな天然列島」ゲームカード(天田印刷加工)は、現在発売しているスターター&ブースターに加えて遊べる新作シリーズ。チョコQ日本の動物6弾の写 真を使用したカード。もちろん6弾のフィギュアを使用して遊べばおもしろさ倍増。これらはブースターとして、11月ごろ発売の予定あり。フィギュアを集めるだけではなく、それを使って違う楽しみを加えることができます。「週刊天然記念物」の予告カードとしても採用されている、このカードにリンクして壮大なコレクション&プレイを!
チョコQ.comサイトも、また新しくなってます。チェック!

 

02.09.02●

タイムスリップグリコ第二弾明日より本格関東発売へ
■ おまたせしました。いよいよ発売開始です。一応本格発売ということで、ホビーロビー東京大阪とも大量 入荷いたします。第1弾以上の細密なミニチュアモデルがずらり。
■ シークレットというかバリエーションがちょっと多くなってしまったんですが、これは付属品をつくりすぎて二つにわけざるを得なかったものがあったのが原因(全部入れるにはあまりにパーツが増えすぎて)。ほんとはちゃぶ台も「昼食バージョン」パーツがあったんですが、さすがにこれは泣く泣くボツに・・。あと「より正確な色に」と途中で色を改良した物があったりして。すいません〜。
■10月発売の小学館「ラピタ」誌はタイムスリップグリコ特集。雑誌添付の特別 モデルとあっと驚くスクープが・・・。
■「黒潮コメッコ」のほうは次の発売(関西)までにちょっと時間があきますがご了承ください。 10月中旬予定です。

 

02.08.30●

チョコQカウントダウン
■いよいよ発売直前のチョコQ。さきほど「日本の動物」の販売用製品見本が届きました。デザインが一新されて、チョコを割るのも新鮮でわくわく感が倍増(ちなみに初チョコQは、オキナエビスガイでした)。今回のパッケージ、フェイス面 が何種類かあるのは既にご存じの方もあると思います。まあ、中身とは関係ないんですけど、なんかお気に入りの動物の写 真がオモテにきてるのを手にとりたくなるんですよね(笑)。僕はタカアシガニとスズメの 箱がお気に入り。ホビーロビーに見本を送っておきましたので、週末展示されるかも?
■走る卵チョコ「チョコチョロQ」プレゼントについては、箱自体には書いてないのでご注意。箱は捨てる前にバーコードを切り取って置いてください。チョコQ.comやショップ店頭で配布される「チョコQニュース」に詳細が載るはずですので、お楽しみに。 雑誌広告に毎月99名にあたると書きましたが、200名になったそうです。太っ腹だなぁ。
■9/5から発売日の9/9まで池袋サンシャインシティ噴水広場で行われる「 チョコQミュージアム」もぜひ覗いてみてください。初日には世界で最初に「チョコQ」の先行販売があります(初日のみです)。ただし、オトナ買いはできないと思いますので、あまり無理しないでください。平日だし。その後は、9/9の発売日にサンシャインシティに入っている「トイざラス」にてチョコQ販売がある模様。
■9/9の「記念パック」ですが、なにしろ数量限定で流通でも取り合いになっちゃったそうで、ホビーロビーにも少数しか入りません。こちらも販売個数制限 などすると思いますのでご了承ください。ホビーロビー的には9/16の通常版正式発売前日9/15にやる「チョコQ前夜祭」を本格発売日と考えています。この日はトレードスペースも設けてわいわいやりたいと思ってます
■余談なんですが、明日(31日)東京FM(系)で夕方やってる「サントリーウェイティングバー」っていう番組で、宮脇がゲストとして出演。たぶんチョコQのことも話していると思います。

チョコQサイトタカラサイトドリームズカムトゥルーサイト

 

02.08.29●

海洋堂関係の本
雑誌記事以外に、海洋堂関連の独立した単行本がこの秋たてつづけに出ます。「チョコQ百科」は11月になってしまいましたが、他にもいろいろと・・・

9/10発売 NTT出版「チョコラザウルス公式ファンブック ダイノテイルズ3」¥1400+税
おなじみのチョコラ本3弾。今回は白いアクロカントサウルス付き。この本のデザインもバナナスタジオさん。
9/12発売 日本文芸社「海洋堂フィギュアコレクション OFFICIAL SUPER CATALOGUE」¥1500+税
最近の海洋堂フィギュア(おまけ・アクションフィギュアなど)のオールカタログ
9/13発売 光文社新書「造形集団 海洋堂の発想」宮脇修一著 ¥720+税
にゃんと、専務自身による、海洋堂が考え方と歴史をまとめた本。海洋堂がいかに特殊な集団かがいやというほどわかります。
近日 太田出版 「海洋堂クロニクル(仮)」あさのまさひこ著
海洋堂を通してガレージキットスピリッツの歴史の概要とディテールをあますことなく描いた決定版書籍。クイックジャパンの連載をもとに徹底的に編み直されている。もうこれなしにガレージキットとそこから生まれた文化を語ることはできないはず。

 

02.08.29●

テレビの話とかいろいろ
■今日は谷明をはじめ何人かのスタッフが自衛隊の総合火力演習見学にいってたりします。なんのためか・・・はおわかりですよね?
■先週土曜日のフジテレビ系「EZ−TV」のタカラ特集でWTMやワンフェスの映像がいっぱい流れました
■今朝、朝日系「スーパーモーニング」でも食玩。WTMやら谷の妙技やらワンフェスの映像やら。
■9/5サンシャインシティのチョコQカウントダウンイベント初日は取材がいっぱい入るので、ニュース番組(WBSとか)を注目
■9/7放送 NHK教育テレビの芸術系ドキュメント番組「美と出会う」の主役は現代美術作家、村上隆氏。で、ここで氏が出会う「美」はなんと海洋堂の食玩なんですね。海洋堂・宮脇やら山根アナウンサーとともに中国で食玩の真実に触れるドキュメント。題して「中国・革命のフィギュア」。意外な人物や新プロジェクトも登場して、ヤジウマ的視点で眺めても楽しめるはず。夜10時30分から。(14日早朝に総合テレビでも再放送)
■先日幕張までC3というイベントを見に行った帰りに「 世界最大の恐竜博」を見ようと思ったんですけど・・・夏休み終わりのかけこみですごい人!1時間待ちということで(他に行くところもあったので)すごすごと退散。急遽追加生産された限定チョコラがどんな風に販売されているか見たかったんですけどね。恐竜博チョコラの在庫については、恐竜博の公式サイトに発表されてます。チョコラ3、今週より近畿で発売開始されてます。そちらもよろしく。

 

02.08.29●

発売予定の訂正
8/20づけで発表した9月にむけての予定表、少し訂正しました。
小学館の「チョコQ百科」はチョコQの東西入れ替えのある時期にあわせて出版されることに。11月 中旬ごろですね。既におまけの「超黄紋型」ミクラミヤマクワガタの見本などがあがってますが、めちゃいい出来!脚がバラバラなので組立がめんどーなのがタマに傷?
以前に発表してから、ずいぶん時間がたってしまいましたが、ロッテの「銀河鉄道999」の9末発売が決定したようです。
この商品に関しては、製品企画やコンセプトにあまり深く関わっていたわけではないので、情報が入ってなかったんですね。9月発売も突然決まった印象。もちろん、フィギュアに関しては途中見本のチェックは何度かきちんと行っているので、クオリティに問題はないと思います。香川雅彦のビネット仕立てで描く松本零士の世界は、ひと味違います。 この製品については、もともとセブンイレブン限定で企画されていますが、ホビーロビーでも扱います。

 

02.08.28●

類似品にご注意!
あきれてしまいました。以前、「人形の国のアリス」フィギュアシリーズの第二弾を北陸製菓からこの秋発売すると発表しましたが、なんとフルタ製菓が「人形の国のアリス2」を独自の造形で出すというのです。「チョコエッグ」をこれからも出すのはまあ、企業として当然でしょう。それについて僕たちは何も言ったことはありません。ただ、アリスは成立の過程が全く違うんですね。「アリス」はもともとフィギュアシリーズとして、企画から金型、生産まですべてを海洋堂で行なったものです。アリスなど売れないというフルタに対し、金型製作のリスクまで全部背負い、生産管理のすべて、そしてパッケージデザインのプロデュースから、箱や解説書に書いてあるコピーの執筆まですべて海洋堂でやって、「売れると思う数だけ買ってくれればいい。100個しか売れないと思うならそれでも仕方がない」なんていう、フィギュア製造に関する全てのリスクを海洋堂が背負った形で成立した前例のないバクチのような製品だったのです。こんなバカなことを、もちろん他でやってるなんて聞いたことありません。それでも、この企画を成立させるために、あえてやったのです。「人形の国のアリス」という製品は、だから、フルタ以外でも販売することを前提にしたものだったのです(実際、発売前にゲームセンターのプライズとして少数を卸していたりしました)。幸い食玩商品として成立するだけの販売数をあげて、他へ営業にまわる必要はなくなりましたが・・・・。
そんな特別な製品がアリスでした。まさか、海洋堂が抜けた今、フルタがこんなことをするとは思いもしませんでした。 いくらなんでも、「袂を分けた」連中の企画とアイディアと心意気を、無断でそっくりいただくなんて恥ずかしいマネを平気でするとは。しかも小売店にまわっている営業用パンフに書かれているアリス物語についての解説は、去年僕自身が書いたもの(一銭ももらっちゃいません)をそのまんま流用してたりするし。 パッケージのデザインも、僕たちが紹介したバナナスタジオさんのものをマネっこしたもの(もちろんバナナスタジオさんには「アリスのティーパーティー」のデザインをやっていただいています。ちなみにチョコQもです)。
「人形の国のアリス」の商標はお菓子類についてはフルタがとっていますが、フィギュアや玩具については海洋堂がとっています。 だから、フィギュアをメインに押し出す食玩において「人形の国のアリス」を名乗ることは、実は問題ありとして訴えることも可能だと思います。
ただ、海洋堂はそういうことが好きではありません。
造形で挑んでくるなら、その出来で勝負をしたいと、今は考えています(今は、ですが)。ただ、心配するのは「アリス2」ということで、単純に海洋堂の造形だと思われることです。
僕たちは、あの出来のフィギュアが海洋堂製であると思われることには、とてもじゃないけど耐えられません。かなり同じキャラがかぶっています。これから積極的に「海洋堂のアリス」のフィギュア画像を公表していきますので、ぜひフルタ製菓が発表するものと比べてください。もちろん「フルタのアリス」がいい、とユーザーの皆さんが考えたのなら、そちらを買っていただけばいいのです。それが消費者の権利ですから。
さて、海洋堂と北陸製菓が送る「アリスのティーパーティー〜海洋堂人形の国のアリス2〜」は、10月末をめどに発売準備中です。目印は、この項のトップに置いた「クイーンアリス」のエンブレム。くれぐれも類似品とお間違えなく。→製品紹介ページ

 

02.08.23●

チョコQ発売記念イベント「チョコQミュージアム2002」開催!
昨日もタカラとドリームズカムトゥルーの皆さんが大挙海洋堂にいらっしゃって午後いっぱいの打ち合わせ。タカラとのコラボをはじめて半年。そのエネルギーとメディア展開の迅速さ、力の入れ具合がこれまでのコラボメーカーとは桁違いで少々圧倒されてます。まあ、この秋は出戻りのバンダイ「ワンダーカプセル」やグリコと組んだ「キンダーサプライズ」、トミー「チョコパーティ」「チョコベーダー」、そして最大(?)の敵「チョコエッグ」がくりひろげる「卵チョコ大戦」が勃発するので、新参の「チョコQ」は厳しい戦いを覚悟せねばならない。コンビニ・量 販店の棚スペースは限られているのである!というわけで、作戦会議も力が入らざるを得ないのですが。ただ、タカラ+海洋堂連合軍の士気は高く、これからもいい商品、あっと驚く商品を出していけそうです。商品の広がりも食玩にとどまらず、関連商品なども積極的にしかけられそう。このへんがフルタとはまったく違うところで、タカラの機動力は高いです。御期待ください。(WTMのせいで、妙に戦闘的な言い回しになってしまうなぁ・・・)
さて、発売を記念して「チョコQミュージアム2002」というイベントが、東京池袋サンシャインシティ噴水広場で、9/5〜9/9(発売日!)まで行われます。アニマテイルズの原型や、ワールドタンクミュージアムディオラマ、新製品「福神根付」、そして松村の秘蔵モデルなどが展示されます。プレゼントキャンペーンのQカーや、チョコチョロQのモックアップも公開されるかも。詳しくはチョコQ.comまで!
9/5は11時よりオープニングイベントとして、「日本動物+ペットセット」の世界一早い先行販売が行われる予定。
ただし、あくまで顔見せ販売のため、一人が買える数も販売総数も限られているので、売り切れの際はご了承のほどを。チョコQミュージアムの展示品を見たときのおみやげにひとつ・・・ぐらいの気持ちでどうぞ。

 

02.08.23●

WTMモデルグラフィックス誌上販売版締め切り直前!
続いて今月のモデルグラフィックス誌も到着。先月のWTM特集は既にバックナンバー、僅少らしいです。これって売れたってことだよね!?刷り部数が少なかったってことじゃなくて(笑)。9月号特集についてる応募券で申し込む『土居バージョンケーニッヒスティーガー+ファモちゃん+キット版4種』セットの締め切りが今月末まで。MG持ってる人はぜひどーぞ!お得なセットだと思います。今日中なら、MG誌、まだ本屋さんに残ってるかも?
ファモちゃんの抜き見本があがって来たんですが、キューポラのハッチは開閉可能なのだ。

 

02.08.23●

ふにゃー
さっき『フィギュア王』の新しいのが届いたんですが、もはや「影響をうけた」とか「インスパイア」とか「オマージュ」とか「時代のシンクロニシティ」とかじゃすまないよなぁ。しょーもないパクリ商品企画のオンパレードで、怒る気力も萎えてしまいます。パクるのはOK。でも表面 的なメソッドだけじゃなくて、志をこそパクろーよ。どこか一点でも凌駕する何かを提示する力がないなら、生き恥だと考えないのかな?そのへんの神経が理解できん。
一方、原えりすん氏のページ、ゲーム「白詰草話」 が何が他と違い、なぜ違ったのか、端的な論評さすがです(←フィギュアのことじゃないよ)。こういうことに気が付く視線を持ち、ちゃんと書くべきだと判断できる人が、氏以外ほとんどいないのがこの業界の絶望的なところ。専門誌は山ほどあるのにね。「判っている」人間がひとりでもいて、それを表明してくれることが、本気のクリエイターにとってどれほどの勇気になることか。提灯記事の5億倍 は・・(当社比)

 

02.08.20●

9月に向けてのラインナップ
■8月22日 小学館「週刊天然記念物11 ヤマネ」
■8月下旬 K&M「ヘルシング」※カプセルベンダーのみ
■8月26日 タカラ「ワールドタンクミュージアム 2」※全国一斉

■8月26日 味覚糖「チョコラザウルス3」※近畿中部北陸地方発売開始
■8月26日 味覚糖 「日本の兜」※関東発売
■8月26日 K&M「アキラ PART2」※セブンイレブンガチャボックス・カプセルベンダー
■8月26日 K&M「アキラ PART2・限定ボックス版」※セブンイレブン・ホビーロビー
■8月26日 K&M「エヴァンゲリオン4集(再入荷)」※セブンイレブンガチャボックス
■8月26日 北陸製菓「ハムスターズランチ」「ハムスターズランチVer.1.5」※中国・四国・九州地区発売開始
■8月26日 北陸製菓「ペンギンズランチ2」※ 関東甲信越東北地区発売開始
■8月29日 小学館「週刊天然記念物12 セマルハコガメ」
■9月3日 グリコ「タイムスリップグリコ 2」※関東地区発売開始
■9月5日 小学館「週刊天然記念物13 日本犬(秋田犬)」

■9月9日 タカラ「チョコQ 日本動物+ペット+1 発売記念特別パック」※全国一斉発売・数量 限定
■9月中旬 角川書店「陰陽妖怪絵札 陰の巻」※カード+フィギュア
■9月中旬
角川書店「陰陽妖怪絵巻 陰の巻」※解説ブック+スペシャルフィギュア
■9月中旬 NTT出版「チョコラザウルス3 オフィシャルファンブック」※白いアクロカントサウルス付き
■9月12日 小学館「週刊天然記念物14 ルリカケス」
■9月16日 タカラ「チョコQ アニマテイルズ日本の動物6弾」※西日本発売
■9月16日 タカラ「チョコQ アニマテイルズペット動物3弾」※東日本発売
■9月19日 小学館「週刊天然記念物15 奈良のシカ」
■9月26日 小学館「週刊天然記念物16 シマアカネ」
■9月下旬 K&M「エヴァンゲリオン5集・男の戦い」※セブンイレブンガチャボックス・カプセルベンダー
■9月下旬 ロッテ「銀河鉄道999」※セブンイレブン限定玩菓
■10月4日 スターフィッシュ「海洋堂動物フィギュアアーカイヴ/
CD4枚組」※3Dデータ集
■11月 小学館「チョコQ百科」※アニマテイルズ本。ミクラミヤマクワガタ黄紋型・超黄紋型付き

 

02.08.13●

ワンフェス無事終了ありがとうございます
というわけで、8/4のワンフェスはおかげさまをもちまして無事終了。狭い西館にまわされてしまったのでどうなることかと思いましたが、大きな事故もなかったのでとりあえずほっとしています(有料入場者の減少という苦い現実もかかわっていますが)。
ワンフェスオフィシャルドリンクの付属ボトルキャップもあっという間の完売。おわっちゃったから言うわけじゃないけど、これ出来いいよね。ワンフェスだけだなんてもったいない(><)
「QBG・はちみつのど飴+アンティークティディベア」「北陸製菓・アリスのティーパーティー(海洋堂人形の国のアリス2)」「北陸製菓・世界の童話」「北陸製菓・ハイジのとろけるチーズ」「エフトイズ・歴史人物/ヒストリカルフィギュアへの誘い」「グリコ・黒潮コメッコAQUATALES2」そして「タカラチョコQ・日本の動物7&ペット動物4」(←すべて仮題)と初公開のキャンディトイ(ティディベアは薬局専用食玩という新展開) も多かったんですが、これらについてはおいおい情報をアップします。

現在、海洋堂本社は夏期休暇中です。業務再開は19日からとなります。
ワンフェス後も「ハムスターズランチVer.1.5」「陰陽妖怪絵札 陽の巻」「AIBOカプセル」「週刊天然記念物ニホンザリガニ」「画集・百鬼夜行抄」など、海洋堂フィギュア関連商品が続々と発売されています。
「画集・百鬼夜行抄」は腰巻き帯に「尾黒・尾白フィギュアプレゼント」のことが書いてあるのは初版のはずですから、添付のハガキでフィギュアがもらえます。「陰陽妖怪絵札」の発売母体である角川書店『怪』の出たばかりの号は、特集が妖怪玩具。もちろん海洋堂フィギュアについてもページが割かれているので(荒俣宏×竹谷隆之対談もあり)
チェックよろしく。やっぱ夏は妖怪ですな。

 

02.08.02●

ワンフェス〜夏休み
というわけで本日より、海洋堂スタッフは東京に移動します。火曜までは基本的にまったく連絡がとれません。
その後WEB担当は夏期休暇、続いて海洋堂もお盆休みになりますので、WEBサイトの更新も半月ほどありません。
8/8発売の週刊天然記念物の「ニホンザリガニ」は絶対ゲットしといてくださいね。今週のヤンバルテナガコガネに続き、異常な工程数で赤字納品した一品であります。
では、ワンフェスでお会いしましょう。

02.07.31●

8月4日ワンフェス発売情報
■ワンフェスオフィシャルドリンク付属ボトルキャップ「ワンダちゃん&リセットちゃん あわあわお風呂編」中央アトリウム特設販売場
■K&M先行販売「ヘルシング」中央アトリウム・ムービックブース

■タカラ先行販売「ワールドタンクミュージアム2 先行販売10個パック」 「特製WTM Tシャツ」等 ・中央アトリウムタカラブース ※チョコQについての重大発表・Qカー展示も!?
■角川書店「陰陽妖怪絵札 特別先行販売」 ・中央アトリウム角川書店ブース
■ワンダーショウケースプレゼンテーション(中央アトリウム)では新たな二作品がワンフェス特価 で!
■海洋堂ブース(A02)では秋〜冬発売予定の初公開の食玩・カプセルフィギュアを山ほど展示します


02.07.31●

8月の新製品ラインナップ
■7月29日 味覚糖「日本の兜」関西圏発売開始
■7月30日 グリコ「黒潮コメッコ AQUATALES」九州・中国・四国発売開始
■8月1日 小学館「週刊天然記念物9 ヤンバルテナガコガネ」
■8月1日 小学館「小学一年生付録・ゴールデンハムスター 小1へけっ!スペシャル」※ハム太郎カラーのGハムフィギュア
■8月5日 北陸製菓「ハムスターズランチVer.1.5」※リペイント5種に上記新作Gハム2カラーを加えたセブンイレブン限定版
■8月8日 小学館「週刊天然記念物10 ニホンザリガニ」
■8月上旬 海洋堂「AIBOカプセル」※ソニープラザ販売
■8月上旬 角川書店「陰陽妖怪絵札 陽の巻」※カード+フィギュア ※セブン・イレブン先行発売 他店舗は中旬より
■8月上旬 角川書店「陰陽妖怪絵巻 陽の巻」※フォルダ+フィギュア
■8月22日 小学館「週刊天然記念物11 ヤマネ」
■8月26日 味覚糖「チョコラザウルス3」※近畿中部北陸地方発売開始
■8月下旬 タカラ「ワールドタンクミュージアム 2」
■8月下旬 K&M「アキラ PART2」※セブンイレブンガチャボックス
・カプセルベンダー
■8月下旬 K&M「アキラ PART2・限定ボックス版」※セブンイレブン

■8月下旬 K&M「ヘルシング」※カプセルベンダーのみ
■8月下旬 味覚糖 「日本の兜」※関東発売
■8月29日 小学館「週刊天然記念物12 セマルハコガメ」


02.07.26●

本日より小樽美術館でボーメフィギュア展示
先月のパリに続き、今回は北海道小樽の美術館にて海洋堂作品が展示されます。「ぼくらのヒーロー&ヒロイン展」と題されたこの展示会、アニメ・特撮などの世界で活躍されている方々と、オタク的な要素を題材にしているアーティストを集め展示する、公立美術館としては結構思い切った内容かと。安彦良和氏や成田亨氏などそうそうたる面 々の中になぜかボーメのフィギュアが。もちろん、村上隆氏の作品も。詳細は市立小樽美術館


02.07.26●

エヴァ4、ガチャボックス一時回収のお知らせ
今週から発売されたK&Mエヴァ4弾ですが、バーコードシールの一部に問題があったため、セブン・イレブンガチャボックスぶんを一時回収することになりました。バーコードに関係ない通 常のベンダーマシンのものは引き続き販売されています。また来月は改めてガチャボックスとして販売したいと考えていますので、変な売りあおりに惑わされないでください。ご迷惑・ご不便をおかけして申し訳ありません。

 

02.07.24●

今月のモデルグラフィックス誌はWTMオフィシャルブックだ
25日発売Model Graphix誌の見本誌が本日届きました。すごい!巻頭総力特集「海洋堂のちいさな戦車」。50ページ近くみっちり詰まった1〜2弾の戦車の解説、作例、 情報、コラム、ノウハウ、ヨタ話 etc・・・・。たとえ独立した『WTM本』が出てもこれほどの内容の濃さにはならないであろうと思われます。WTMを集めている人は必携。なんと第三弾まで公開されてます。
物欲系にも、MG限定のすげー誌上通販が。アーマーモデリング土居編集長自らが塗装したケーニッヒスティーガー+ちびすけマシーン謹製ファモちゃんボトルキャップ+WTM一弾のうちWFで配布されなかった残り4つの組立キット版=6点セットで2000円ぽっきり!(消費税送料込み)。特にケーニッヒスティーガーの塗装は誰もが驚く凄さです。MGをはじめて手にする人も100%満足の一冊です。このサイトの紹介記事も載ってます(笑)。
偶然、ゲームボーイアドバンス用のゲーム、『コンバットチョロQアドバンス大作戦・初回限定版』の見本も今日届きました。 こちらも特製塗装(騎士マーク付きサンドイエロー+レッドブラウンの迷彩)ティーガーII が付いてます。箱に窓があいていて見えるようになってるのでショップで見られるかも?


02.07.23●

特報!ハムスターズランチVer.1.5セブンイレブンで8月5日緊急発売!
現在大好評発売中の北陸製菓「ハムスターズランチ」にエクストラバージョン突然登場!これは全国セブンイレブンのみで発売される特別 仕様。 通常のハムスターズランチから毛色違いのある、ゴールデン(ほっぺ)、ゴールデン(寝)、ジャンガリアン、キャンベル、チャイニーズを選んで、それぞれアルビノ、トリコロール、プディング、イエローパイド、スノーの色違いバージョンにしたもの。さらにボーナス新作として、8月1日の「小学一年生」の付録用に作り下ろされたゴールデンハムスターの子供(付録ではハム太郎と同じ毛色に塗り分けられている)の、野生種型とドミノカラーのフィギュアをプラス。これ、かわいいですよ〜。
全国一斉発売ですが、まだ通常のハムスターズランチが発売されていない中国、四国、九州地区のセブンイレブンでは8/26の通 常版が出てからになりますのでご了承ください。[link]北陸製菓


02.07.23●

恐竜博チョコラ初日売り切れ?
恐竜博のチョコラザウルスに関しては、原型と彩色見本を提供し、製品サンプルを監修したのみで、実際の販売についてはノータッチのため情報が伝わってこないのですが、HLにいらっしゃるお客様 の情報などによると、初日で品切れを起こしているらしい。現状について味覚糖に問い合わせてもどうも歯切れが悪く、詳しいことがわからないのですが、どうやら完全に品切れを起こしているのは確かのようです。ああいうイベントの物販は、実際には大手百貨店などが取り仕切っていて、納入数など味覚糖側でも自由にならないことがあるとはいえ、初日早々完売はあまりにみっともなく、ユーザーに対し申し訳ないんじゃないか。そしてそうなったらそうなったで、その事実をきちんと伝えないとまずいのではないのか・・・ということで、こちらからも口出しをはじめているのですが。
独自に情報を入手して質問しないと、まったく味覚糖側から連絡をしてこないうえに、曖昧な情報しか伝わってこないのでイライラしています。せめてユーザに向け味覚糖チョコラのWEBサイトで、実際に品切れしているのかいないのか、再発売はいつになるのか、現状を報告して欲しいと要求したいと考えています。申し訳ありません。(25日に再入荷するという情報あり)←恐竜博のサイトには24日と書いてありますが、その後、味覚糖の担当は27日といってます。詳細は味覚糖サイトにすぐに発表するように要請したのでそちらをチェックしてみてください

02.07.19●

天然記念物NETをチェック!
うっかり気が付かなかったんですが(←うかつ!)週刊天然記念物のオフィシャルサイトがあります。最新フィギュアをマウスでぐりぐり回転させてチェックすることも可能。アドレスはそのまんま「てんねんきねんぶつ.ねっとhttp://www.tennenkinenbutsu.net/」。もちろん今週発売の「モリアオガエル」の写 真もばっちり!


02.07.17●

タイムスリップグリコ北海道東北販売開始 他
■ チョコエッグ以降、最大のヒット食玩である『タイムスリップグリコ』の第二弾の発売が、北から開始されています。こないだは「ニコンカメラ」のすごさを語りましたけど、今回も我ながらよくもここまで凝ったなぁ・・・と感心するものがずらっと揃いました。特に「くらし」シリーズは給食セットといい、ミシンといい、対象タイトルへの愛というより、ミニチュアを手にしたときの満足度の高さがすごいです。こういうのを見てると、いいかげん何を作ったかではなく、どう作ったかを言葉で評価し、批評する姿勢が趣味の世界にもでてきてほしいな〜と思います。でないと結局食玩も「人気キャラクターの奪い合い」だけに終始するようになっちゃいますからね。

■ 週刊天然記念物第7号(早っ!)は初の両棲類『モリアオガエル』。日本のカエルのすべてを解説した内容に両棲類ファンは涙してください。

■ 今市子氏の「画集・百鬼夜行抄」の初版特典である『尾白・尾黒フィギュア』のことは以前お知らせしましたが、生産見本があがってきました。これがあんまりいい出来なんで(羽織袴の模様の美しいこと!)、初版を買う人数だけにしか行き渡らないのはもったいないなぁ・・・と思ってたら、なんか予約状況がいいそうで、少し刷り数が増えた模様。それでも、もっとたくさんの人に見てもらいたいんで、ぜひ、がんがん予約して初版刷り部数をふやしてください。このフィギュアと、今氏の美麗イラスト画集で3990円ははっきり言って破格です。詳細は朝日ソノラマのWEBサイトを。

■22日からは、天田印刷の週刊天然記念物公式カードゲーム『わがままな天然列島』が発売。発売カードの写 真はチョコエッグに使われていたアニマテイルズ動物フィギュアたち。天然記念物封入のカードとフィギュアも混ぜて遊べます。K&Mの『エヴァンゲリオン第4弾』『赤毛のアン・リバイバル (再販)』も22日よりセブンイレブンガチャボックス及びカプセルベンダーマシンで登場。


02.07.17●

DINOTALESチョコラ3弾関東圏発売開始・幕張の恐竜博での限定モデルもあり
■ お待たせしました。DINOTALES第三弾、原型は昨年夏にはできてたんですが、発売がずいぶん延び延びになって、やっとこさこの月曜日から関東圏で発売がはじまりました。手にとっていただいた方はクオリティの倍アップ成長にきっと驚いていただいているはず。ここまで到達しました。もっとがんばるけど。詳細はチョコラザウルスページを。
■ 朝日新聞とNHKの肝いりでガンガン宣伝やっている、幕張メッセで20日より開催の「世界最大の恐竜博」では、恐竜博限定のチョコラを発売。これまでのシリーズの中から今回展示される恐竜を中心にセレクトし特別 カラーに。さらに今回用に作り下ろしたセイスモサウルスの復元モデルと骨格モデルを加えた7種で構成。セイスモサウルスは小学二年生についたものの背中のトゲをとるなどした、恐竜博展示のものにあわせたスペシャル版。アクロカントサウルスとディノニクスのカラーが素晴らしいので、ぜひ手に入れてください。詳細
■ この恐竜イベント、チョコラ以前からうちも協力していて、セイスモサウルスの復元1メートルモデルを松村しのぶが作り下ろしています(天然記念物のスタートと重なって大変だった)。おそらくイベントでも見られるはず。先日asahi.comに、チョコラの原型製作もやっている菅谷中氏が紹介されているのをご覧になった方も多いでしょう。氏の本業はイラストレーターで、今回のイベントのパネルやパンフの恐竜イラストを一手に担っているんです。DINOTALESって第一線の恐竜のプロが結集して作られているんですよ。


02.07.07●

白詰草話・限定ガチャ完売御礼
おそらく、前代未聞の試みであった秋葉原・日本橋限定のガチャフィギュア販売は、発売当日に各販売店で瞬間的に蒸発した模様です。ありがとうございました!ゲームの初回特典にもフィギュアついてます・・・ってこれがメインなので(^^;)、初回出荷ぶんがなくなる前に、手にいれてくださいね。

 

02.07.03●

白詰草話発売記念「秋葉原・日本橋限定ガチャフィギュア」登場
リトルウィッチの第一作PCゲーム「白詰草話」の発売が迫ってます(7/5)。今日、製品版見本が届いたんですが、パッケージひとつとっても凝りまくってて、これでコストあうんかいなと心配になっちゃう本気度で、初回同梱フィギュア製作のお手伝いをさせていただいた海洋堂としてもワガコトのよーに喜んでおります。デザインとか細部まで目が配られていて感心。同梱フィギュアの入ってる箱もかっちょいいのだ。昔はチープでいい加減なソフトの代名詞だった18禁ソフトの意識も、いつしか通 常ソフトを凌駕し、いまや最先端を走る気概を持つよーになってるのだなと実感。
で、この三人のヒロインフィギュアの色替えバージョンがカプセルフィギュアになって、発売記念イベントとして、ゲーム発売日から秋葉・日本橋のショップ限定で販売されます。カラーリング見本やショップ情報など詳細はリトルウィッチのWEBサイトをご覧ください。イベント性を重視した採算度外視の一部店舗販売なので、ガチャマシンに入れる看板なんかもプリンタで刷りだしたのでいいんじゃないか・・・っていってたのに、結局すんごく凝ったものが出来てきて、秋葉原と日本橋だけで売るなんてもったいないという感じ。ミニカタログとかもかっこいいぞー。まだゲーム自体はいじってないんで出来がどうなのかを語る資格はないんですが、信用に足る新進メーカーだという手応えを感じています。


02.07.03●

エゾシマフクロウ+WTMゲーム+TSグリコのカメラ+WFドリンク
★百数十工程のめちゃくちゃな手間をかけたエゾシマフクロウが明日の週刊天然記念物の付録。チョコエッグやチョコQのアニマテイルズの多くが10工程以下であることを考えると、よくもまぁという感じ。フィギュア自体の値段はたいしてかわらないので、めちゃくちゃ無理してもらってます。今回だけならいざ知らず、天然はみーんなそんな感じ。ヤンバルテナガコガネはフクロウを越えてしまってるらしい・・・中国の皆さんごめんなさい。

★さきほど「コマンドマガジン」誌の方と打ち合わせしてました。シミュレーションウォーゲームメインのこの本から、WTMを駒として使用したゲーム+本の別 冊がこの秋リリースされる方向で話が進んでいます。マニアじゃなくても数分ではじめられる簡便なルールで、面 白い展開を目指したものになりそう。駒として使用されるWTMは第一弾と第二弾をカヴァーしたものになると思われるので、いまのうちに第一弾の戦車を複数集めておいてね。情報はこちら

★カメラには興味ない僕でもタイムスリップグリコ二弾の「ニコンF」は延々といじくりまわしてしまうお気に入り。この大きさでレンズのとりはずしやストロボのとりつけなんかもできて、ドメスティックなメカのミニチュアとしては出色なのだ。あと、二弾のおすすめは給食セットかなー。来週から北海道東北で発売開始。

★WFオフィシャルドリンクで今年もワンダちゃん&リセットちゃんボトルキャップがもらえる!詳細はこちら


02.06.27●

はやくも4号「週刊日本の天然記念物」ジュゴン発売中&雑記
★週刊ははやいなー。もう4号です。今回から窓がなくて、フィギュアを直接見られなくなってます。すいません。最初はどんなものが入っているのか見てもらうという意味で窓がついてたんですけど、今号からはなくなってます。窓あけて見せるためには組立ずみにしなきゃいけないんですが、そうすると箱がどんどん分厚くなってしまうんですね。造形的にも厚みをおさえることにしばられていいものができないし(次のエゾシマフクロウなんてすげー超大作だし)。というわけでこれは予定通 りなんですが(創刊号ラストページの予告表紙を見れば一目瞭然)、ときどきテコ入れのために窓あきになることもあるのでお楽しみに。希少動物の野生生態写 真を撮るというのはそれだけですごいことなんだけど、このシリーズは撮り下ろしを含め、美麗な写 真がこんなに豊富に毎週納められてて、しかもそこらの本屋で買えるなんて、これは学術的にいってもおそろしく貴重で価値ある画期的なことなんですよん。今ヤンバルテナガコガネの製品版フィギュア見本が机の上にあるんですが、これ、大きさといい本物にしかみえん。
ワールドタンクミュージアム、各地で戦闘開始してます。遅い店でも、そろそろ入荷してるはず。ホビーショップにもかなりの数出てます。「モデルグラフィックス」誌、次号9月号はついにWTM大特集!WTM開発状況を毎月連載しているこの雑誌、オフィシャル体制ですごい企画目白押しなので7/25をお楽しみに。発売中の今月号巻頭トピックスには、ワンフェス限定オフィシャルドリンクボトルキャップワンダちゃん&リセットちゃんの発表も
★ワールドタンクといえば、いまパリのカルチェ財団美術館の企画展でWTMとチョコQアニマテイルズが作品として展示されてます。館長や専務はオープニングパーティーで渡仏中。キュレーターはおなじみ現代美術家村上隆氏(クリスティーズの5500万円落札作品でここんとこ新聞紙上賑わせてましたね)。昨年のボーメ美少女に続き、オマケがアートとしてカルチェに招聘だなんて、長生きするものですねー。
★関西の皆さんおまたせしました。ハムスターズランチ[ひま種]が7/1より発売開始です。

02.06.19●

7月に向けての発売ラインナップ
すいません。7月は大作が異常に重なってます。
■6月20日 小学館「週刊日本の天然記念物3号・アマミノクロウサギ」
■6月24日 北陸製菓「ペンギンズランチ2」北海道先行発売
■6月25日 タカラ「ワールドタンクミュージアム 1」全国最終発売
■6月27日 小学館「週刊日本の天然記念物4号・ジュゴン」
■6月下旬 K&M「世界名作劇場傑作選・セピア版」※カプセルベンダー&セブンイレブンガチャボックス
■6月下旬 K&M「アルプスの少女ハイジ・セピア版」※カプセルベンダーのみ
■6月下旬 海洋堂XEBEC「メリルストライプ」「アファームド・ワンマンレスキュー」「サキエル」※アクションフィギュア
■7月5日 リトルウィッチ「白詰草話」※PCゲームソフト初回出荷版にフィギュア同梱 詳細
■7月5日 リトルウィッチ「白詰草話 秋葉原・日本橋限定カプセルフィギュア」詳細
■7月1日 北陸製菓「ハムスターズランチ」関西発売開始
■7月4日 小学館「週刊日本の天然記念物5号・エゾシマフクロウ」
■7月9日 グリコ「タイムスリップグリコ 第二弾」北海道・東北発売開始
■7月11日 小学館「週刊日本の天然記念物6号・カモシカ」
■7月15日 味覚糖「チョコラザウルス第三集」関東圏発売開始
■7月18日 小学館「週刊日本の天然記念物7号・モリアオガエル」
■7月18日 レッドエンタテインメント「ガングレイヴ・特別限定版」※PS2ゲームの初回限定ボックスにフィギュア同梱
■7月22日 天田印刷「わがままな天然列島」※アニマテイルズ写真使用のトレカゲーム
■7月25日 小学館「週刊日本の天然記念物8号・ライチョウ」
■7月29日 味覚糖「日本の兜」関西圏発売開始
■7月30日 グリコ「黒潮コメッコ AQUATALES」九州・中国・四国発売開始
■7月下旬 K&M「エヴァ第四集マグマダイバー」※カプセルベンダー&セブンイレブンガチャボックス
■7月下旬 K&M「赤毛のアン・リバイバル(再販)」※カプセルベンダー&セブンイレブンガチャボックス
■7月下旬 海洋堂「AIBOカプセル」※ソニープラザ&ホビーロビー販売。300円 box入りカプセル

 

02.06.19●

WTM第一弾6月24日最終発売開始
お待たせしました。初回生産分が品切れしておりましたWTMの追加生産分の在庫ができ、遂に来週から全国のコンビニはじめ一部スーパー・有名ホビー店などに並びます(もちろん、店舗や地方によって日にちがずれたり、導入しない店もあることがあります)。小売店からの注文は莫大な量 があったそうですが、それにすべて応えるとなるとあと数ヶ月の発売延期になることに加え、チョコが溶けてしまうことになるので、今期はこの時点の在庫で最終販売とさせていただきます。 まあ、「欲しい」という多くの声が続く限り、将来違う形で登場するかもしれません。第二弾は8月下旬の発売を予定していますが、これはチョコじゃなくなりそうです。
WTMの大好評にお応えして、これまでWTMの開発状況を毎月連載してくれていた「月刊モデルグラフィックス」での大きな動きがありそうです。詳細は6/25発売のMG誌8月号のWTMコーナーをご覧ください。
あと、タカラから発売の「新・コンバットチョロQ」の初回キャンペーンで色違い版のティーガーがつきます。詳細はタカラのWEBなどを参照してください。

 

02.06.17●

北陸製菓の新作
★いよいよ「ペンギンズランチ2」が6/22より北海道先行発売開始。新種+前作のポーズ違いのペンギンが9種類。ペンギンっていろいろいるんです。涼しげなパッケージがいい感じ。ビスケットも「ココア味」が加わって、色味も味もひと味違います。北陸製菓サイトにはペンギンズランチ2ページができているのでチェック!
「ハムスターズランチ 」本日より東北北海道発売開始。7/1からはいよいよ関西進撃です。
★おまたせしている「レスキュー119」 は10月頃登場予定
★スクープ!「アリス」第二弾が北陸製菓からこの秋発売。まだまだ魅力的なキャラクターがいっぱい残ってます。もちろん造形は村田明玄。既に原型は完成しています。英国の香りのする美味しいビスケットの入った製品が期待されます。乞うご期待!
★北陸製菓ではキャラクターヴィネットと新作の美味しいお菓子が密接にからんだ新作も準備中です。 これはすごいよ〜

 

02.06.13●

創刊2号「トキ」発売!
はやくも1週間が過ぎてしまいました。週刊のペースはすさまじい・・・というわけで、「週刊日本の天然記念物」の2号が発売されました。今回は天然記念物の中でも個体数最少間違いなしの生物ニッポニアニッポン・・・トキです。これもアニマテイルズの第一弾に入っていましたが、姿勢や頭頂部の羽の形態で、今回のフィギュアはかなり違って見えるはず。
来週から発売されるはずだった味覚糖「兜コレクション」は時事問題に巻き込まれ(?)発売延期になってしまって残念。ほんとは関東が先行発売地区だったのですが、今回の延期で8月末の後回しになりました(既に7月末発売の関西での注文がとられているので)。というわけで、兜は近畿地区が最初の販売地域となります。ご了承のほどを。
そうこうしているうちに北陸製菓「ペンギンズランチ2」の発売が
6月24日に迫ってます。これまでどおり、北海道の発売からはじまって、徐々に南下していくことになります。詳細は北陸製菓のWEBサイト

 

02.06.06●

発売!「週刊日本の天然記念物」創刊号イリオモテヤマネコ
朝日や読売では1面広告でてましたね〜。というわけで、いよいよ創刊です。小学館「週刊日本の天然記念物」。胸を張って、これは買いだ!といえるものになってます。創刊号は特別 価格500円です。
勘違いしないで欲しいのは、フィギュアの解説に本がついてるわけじゃないということ。ぱらぱら眺めるだけでもこれまで知らなかった日本の動物たちのことに触れることができる、素晴らしい写 真とイラスト、記事が満載されています。おまけのついてない週刊百科辞典もいろいろ出ていますが、それらと比べても本だけで太刀打ちできる値段と内容です。それにさらに松村しのぶと海洋堂渾身のフィギュアがついてくる・・・と考えてください。そのうえ次号の動物フィギュア写 真を使った予告トレカも毎号付録でついていて、これ、7月発売のトレカ ゲームに組み込むことができたりします。一粒づつでも美味しいものが何粒もついている、豪華なパッケージ。ぜひ書店で手にとってください。


02.06.06●

『黒潮コメッコ』にAQUATALESが入ります
日経新聞に発表されたように、水棲動物シリーズ「アクアテイルズ」新作はグリコの『黒潮コメッコ』に入ることが決定!MIUでは深海の生物たちでしたが、今回のテーマは黒潮。まあ、食卓でもなじみ深い魚たちがメインになります。コメッコは皆さんご存じのようにもともとシーフード風味なので相性よし。黒潮コメッコはカツオ味になってます。試食しましたけど、これ美味しいです。
発売は7月末。同じ7月に発売されるタイムスリップグリコ2が北海道から南下するのに対し、黒潮コメッコは南(九州・中国・四国)から北上して いきます。 詳細はこちら


02.06.03●

『PRESIDENT』って読んだことある?
経済誌の雄として高名なプレジデント誌のスペシャルレポートとして「おまけ付き菓子の仁義なき戦い」なる記事が掲載中。この手の雑誌にしてはかなり判っている人が記事を書いているようで、的確でおそろしく広範な取材対象(ガレージキットの語源まで聖咲奇氏にあたっている!)と鋭い筆には感心しました。新聞やおじさま系雑誌は、イコール、マトはずれで記者の先入観にあわせた出来レース記事・・・という先入観をくつがえすものでありました。ってそのことよりも、特筆すべきなのは、例のチョコエッグ騒動の意志決定の中心にいながら、その後なぜかこれまで姿をあらわさなかったフルタ製菓副社長のお写 真が!さすが、名誉あるプレジデント社の取材には・・・ってところでしょーか?「チョコエッグはすべてフルタの営業の努力だけでヒットしたのであって、海洋堂のかわりはいくらでもいる」と明言されていて、思わず感動の涙がこぼれてしまいました。
隔週刊で10日には次の号が出るので、それまでに書店やコンビニでちょっと覗いてみてください。中田の写 真の青い表紙です。
雑誌系では、以前一般誌らしからぬ「海洋堂特集」を組んだ「TVブロス」誌が海洋堂特集2を、6/6発売号でやっていただけることに。こちらも前回が下手なホビー誌よりも本質をついた記事だっただけに楽しみです。表紙はハムスターズランチのフィギュアらしいので、書店で見かけたら手にとってみてください。

 

02.05.30●

小学館『週刊日本の天然記念物』創刊まで1週間!
始動後1年。ついに「天然記念物」が刊行される!こんな大型企画の編集部が立ち上がるところから出版業界に深くかかわるなんてもちろん初めてだし、これからもあるかどうかわからないけれど、とにかくついにここまでって感じです。まあ、フィギュアはあくまで従であり、本体は書籍部分にあるわけだけど、僕たちが少しでもお手伝いしたものが、とてもいいものになったので、大感激。もちろんどんなにいいものができても、売れなきゃ商売としては失敗なのだけれども、作り手としての海洋堂は、創刊号の見本誌と全体の体裁見本を見た時点で、そこに関われたことに名誉と手応え、そして何かをやりとげた満足感を得ている・・・ってこれから1年続く長いマラソンなんだから、今から満足してちゃだめなんですが(^^;)。
できあがった創刊号とバインダーは既に届いてます。身びいきぬきで、どう客観的に見ても、デザインも内容も巷にあふれているフィギュアつき週刊百科事典の最高峰だと思います。 たとえフィギュアぬきでもね。
もちろん、フィギュアも、松村しのぶ動物造形の最先端。ABS製であるためディテールをオミットせざるを得ないアニマテイルズ(チョコエッグ→チョコQ)では表現不可能な表現がふんだんにもりこまれ、塗装も凝りに凝っています。松村はこの週刊連載のため完全に缶 詰状態で、チョコQ用の新作も控えて、今年いっぱい身動きできない状態(取材も全部お断りしてます)です。とにかく入魂の作品群に1年間おつきあいください。

 

02.05.27●

『文鳥天狗(!?)』フィギュアが予約特典 今市子「画集・百鬼夜行抄」
「海洋堂おまけフィギュアカタログ」を出版してくれた朝日ソノラマ・ネムキ編集部の依頼で作った『尾黒・尾白フィギュア』。百鬼夜行つながり?というより、漫画「百鬼夜行抄」の面 白さに惚れてお仕事うけちゃいましたよ。予約がはじまったようなのでお知らせ。予約し忘れるともらえないからね。画集の発売は8月。楽天市場の予約締め切り日は7/18らしいです(link)。書店では違うかもしれません。楽天市場には塗装見本原型の写 真も掲載されてるんですが、小さいのでわかりずらいかも。テレカといっしょにうつってるほうは羽根がゆがんでついてるし。原型はなんでも作れる榎木ともひで。羽根一枚一枚にもモールドが入った入魂作。損はさせない出来なので、ぜひ予約してくださいませ。

 

02.05.27●

秋葉原・日本橋限定発売!?「白詰草話」フィギュアコレクション
「ゲームにフィギュアがついている」白詰草話のことは、先日書きましたが、ゲーム発売日からの発売記念キャンペーンとして、この特典フィギュアのカラー違いバージョンを、カプセルフィギュア(200円)として発売することが決定。キャンペーンイベントなので、秋葉原と日本橋のPCショップ・ホビーショップ(もちろんHLも)のみの限定販売となります。詳しい内容、販売店はリトルウィッチのWEBサイトをご覧ください(HOME→GAME→GOODS)

 

02.05.27●

いよいよアキラ発売
お香川ヴィネットの新地平、K&M「アキラPART1」が今週よりついに発売される。全国カプセルベンダーに加え、セブンイレブンのカプセルボックスで流通 するので、ぐんと買いやすくなってます。PART2は8月登場予定。写真はこちら[link]
食玩方面では5/27より北陸製菓「ハムスターズランチ」が関東甲信越東海地方で発売開始![link]


02.05.20● WTM本格販売は6月下旬
おかげさまで初回出荷分はどこにも残っていない状況になったWTM。なにしろ既にできているオマケを、営業も注文をとることもろくにできずに速攻で出すというめちゃくちゃ変則的な販売をすることになった特殊商品だったのですが、想像をはるかに越える支持を受けて、生産スケジュールをたてなおし、現在広いルートで販売できる数の生産を行っています。なにしろ手作りですから、数百万単位 の注文をすぐに用意なんてことはできません。現在の注文にある程度応える準備ができるのが6月下旬ということです。お待たせして大変申し訳ありませんが、どうぞご了承ください。(なお、5月下旬には予定どおり、初回販売されなかった地域のセブンイレブンでの発売が少数あるとのこと)

02.05.15●

「ゲームのおまけにフィギュアがつく!」
・・・というコピーで、PCゲーム『白詰草話』の初回特典の広告を海洋堂のホビー雑誌広告で紹介してますが、ゲーム付属のカプセルフィギュアサイズのヒロイン三人に加え、ゲームを発売するリトルウィッチのマスコットキャラクター「リトこ」も海洋堂が同スケールで制作、現在発売中の雑誌「コンプティーク」の読者全員プレゼントになっています。これは締め切りまで1ヶ月らしいので、早めにチェックしてください。原型はK&Mカプセルでおなじみの、いまいちばんのっている二人、榎木ともひでと大嶋優木。ヴィネット仕様のめちゃ力の入ったフィギュアとなっています(わざわざ広告入れてることからもそのへんは察していただけますよね?)。以上四点の実物写 真はリトルウィッチのWEBページ のHOMEよりGAME→GOODSをクリックしてください。[link]

 

02.05.15●

6月にむけてのリリース
■5月17日 コミックバンチ「ケンシロウ(ボトルキャップサイズ)フィギュア」※雑誌同梱
■5月中旬 エポック ラブひな「ボーメ1m成瀬川なるに挑む」「むつみ」「カオラ&サラ」
■5月下旬 北陸製菓「ハムスターズランチ」関東発売
■5月下旬 K&M「アキラ PART1」※カプセルベンダー&セブンイレブンガチャボックス
■6月6日 小学館「週刊日本の天然記念物創刊号・イリオモテヤマネコ」
■6月6日 小学館「週刊日本の天然記念物・バインダー」5冊セット創刊記念価格3750円(ニホンオオカミ付)
■6月13日 小学館「週刊日本の天然記念物2号・トキ」
■6月中旬 北陸製菓「ペンギンズランチ2」北海道先行発売
■6月17日 味覚糖「日本の兜」関東東海甲信越先行発売
■6月20日 小学館「週刊日本の天然記念物3号・アマミノクロウサギ」
■6月27日 小学館「週刊日本の天然記念物4号・ジュゴン」
■6月下旬 K&M「世界名作劇場傑作選・セピア版」※カプセルベンダー&セブンイレブンガチャボックス
■6月下旬 K&M「アルプスの少女ハイジ・セピア版」※カプセルベンダーのみ

 

02.05.11●

おもちゃショーにてチョコQ・AIBO・百鬼夜行カードなど展示中
現在お台場のビッグサイトで開催中のおもちゃショーで、いくつか海洋堂の新製品が展示されています。まあ、海洋堂自体のブースがあるわけじゃないので、いくつかのコラボメーカーに寄生してるんですけどね。
アクションフィギュアのディストリビューターであるレッズブースには、アクションフィギュア新製品の初お披露目以外にも兜シリーズや、AIBOカプセル、そしてワンフェスで発表した百鬼夜行の新シリーズの正体をちらりとお知らせ。あれは食玩ではなく、トレカの付録になります。あの荒俣宏氏が真珠庵百鬼夜行の 妖怪たちに名前と物語を与えた画期的なカード+フィギュアという新たな試み。妖怪雑誌「怪」の発信アイテムとして、角川書店より今夏発売予定。
巨大な面積のタカラのブースの一角には、大ヒット御礼のWTMと、この秋のメインイベント(?)「チョコQ・アニマテイルズ」の動物たちがずらーっと。Qカーとかもすごい注目されてました(こないだ試乗させてもらいました。いいでしょ?)
6/6創刊の小学館「週刊日本の天然記念物」に毎回「次号の動物模型予告カード」を提供することになった天田印刷のブースでは、そのカードを混ぜてトレーディングカードゲームを楽しめる「わがままな天然列島」カードゲームの発表が。販売版のカードにはこれまでのアニマテイルズフィギュアシリーズの写 真が使われ、しかもアニマテイルズフィギュアを持っていればそれを使ってゲームをさらに楽しくできるという、まったく新しい概念のトレカゲームなのです。


02.05.04●

WTMのWEBページ
がタカラサイトで発表されたんですが、これがすげー凝ってるのでぜひ一度ご覧ください。海洋堂+タカラ製品情報の「KTサイト」っていうのができたんですね。WTMおかげさまで凄い勢いで売り切れているらしく、また現在のルートは西日本に薄い(だってセブン・イレブンもサークルKも関西は少ない)ので、潤沢に出回るまではこちらの画像でイメージを膨らませてくださいませ。[link]

 

02.05.02●

「コミックバンチ」に北斗の拳フィギュアがもれなく付く!
緊急速報。次号のコミックバンチは一周年記念号として、ケンシロウフィギュアがついてくる!原型は海洋堂のアクションフィギュア。ボトルキャップサイズになっても、海洋堂テイストそのまま!
詳細は現在発売中のコミックバンチの巻頭カラー折り込みを見よ!

 

02.05.02●

WTM進撃開始
苦節2年、山あり谷ありでしたが、ついに「パンツァーテイルズ・ワールドタンクミュージアム」が発売されました。ホビーロビー東京では発売初日の販売個数の記録を塗り替えて即品切れ(熱狂的な行列とかはなかったけど、終日売れて結局そーなったらしい。これは予想外でした)、あちこちのコンビニでも「売り切れ」という情報を聞くたびに感慨深いものがあります。当初の企画時には「絶対売れないであろう戦車ネタを、最低限15万個売り切る、なりふりかまわぬ 作戦」を真剣に考えていたのにね。タカラとの初コラボレーションが大ヒットではじまって胸をなでおろしています。
全国一斉発売ということで「やればできるじゃん」みたいなことを言われるが、もちろんこれは今回限りの特例。発売直前に中身のおまけがストックされた状態で発売メーカーが変更になったこと、タカラというメーカーが食玩ではまだ新進メーカーであること、発売が決まってからのスパンが短いこと、などの特殊な条件があってのこと。
実際のところ一斉発売といっても、流れたのはコンビニメインだし(具体的に言えばセブン・イレブンとサークルK)本格的に浸透していくのはこれからとなります。
連休明けに残りの出荷が終了した後は、5月末〜6月に次の入荷があるとのことで、それから販路も広がっていくと思われます。

 

02.04.19●

5月にむけてのリリース
●発売中 K&M「 世界名作劇場アンソロジー3」
●GW発売 K&M「エヴァンゲリオン1〜3集傑作選」※セブン・イレブン ガチャボックス
●GW発売 K&M「エヴァンゲリオン第参集」
●GW発売 タカラ「PANZERTALESワールドタンクミュージアム1」全国一斉発売。ただし初期はコンビニルート中心。順次ルート拡大
●5月上旬 XEBEC「ボーメアクションフィギュア・鬼娘

●5月2日 小学館「小学二年生付録・ヘラクレスオオカブト」
●5月中旬 エポック/ラブひな「ボーメ1m成瀬川なるに挑む」「むつみ」「カオラ&サラ」
●5月下旬 北陸製菓「ハムスターズランチ」関東リリース

●5月末 K&M「アキラ PART1」

 

02.04.11●

海洋堂のおまけが2001年度グッドデザイン賞
・・・をもらった、というのをずいぶん前に雑誌でご覧になった方もいらっしゃると思います。「自薦」で応募することをよく知らずに手続きしちゃったもので、後になって「お上のお墨付きが欲しくてGマークを金で買った」みたいに思われるんじゃないかとかへんに意識してこれまでここでは報告しなかったんですね。ほんとに、僕たちのやったことを理解して選んでくれたのか(流行ってるらしいから、こんなものもちゃんと評価しているんだぞ・・・とアピールするために 選んだ・・なんていうのじゃないか)という邪推もあったし
で、先日一冊の本が送られてきました。『私の選んだ一品 グッドデザイン賞審査委員コメント集1』。審査員60人が一人一品ずつ、受賞作について語っているんですが、そのうち二人が海洋堂のおまけについて語ってくれている。ちゃんと海洋堂のおまけを買って集め、それがどういう意味があるのか、何が新しく、何を変えたのかを分析し評価している。のみならず、僕たちがきちんと言葉にできなかった思いまでも、文章化されていたりして(もちろん誤認している部分だってあるんだけど)ちょっと感動。ちゃんと見てほんとに評価してくれてたんだ・・・。最近、ちとひねた見方ばかりしすぎてたなぁ・・・と反省。素直に誇ろう、と遅まきながらここに報告いたします。ちなみに、グッドデザインといってもおまけ一個一個のデザイン自体というよりも、「コミニュケーションツールとしてのデザイン」という大きなくくりの分野での受賞ですので。(「私の選んだ一品」 GD新書 日本産業デザイン振興会発行 丸善株式会社発売 ISBN4-931281-37-0)


02.04.01● ハムスターズランチ・世界名作劇場ボトルキャップ発売開始
春の商品の入れ替え時期らしくて、各社飲料の景品とか食玩の新製品が出ていますが、海洋堂関連ではこのふたつが本日より発売です。
3/30の先行発売も大好評だったハムスターズランチは、北海道発売。北から順番に南下。この商品のために開発されたひまわりの種型柿の種も美味しいと評判です。150円。
名作劇場ボトルキャップのついた「美味搾り」は(500ミリペットボトルの首にかかってます)全国一斉発売です。
こちらはおまけがなくなり次第キャンペーン終了なので、おはやめに

02.03.29●

ハムスターズランチ・世界名作劇場ボトルキャップ・小学二年生付録
4/1より、新食玩北陸製菓「ハムスターズランチ」と、サッポロ飲料「美味しぼり・つぶつぶオレンジ」(「世界名作劇場ボトルキャップ」がつく)が発売されます。
ハムスターズランチはペンギンズランチに続く北陸製菓のフィギュアシリーズ。もちろん造形総指揮は松村しのぶ。詳細は北陸製菓のWEBページを。明日3/30には、東京ホビーロビーのあるラジオ会館8Fにて「ハムスターズティーパーティー」を開催。ハムスターズランチの先行販売&交換会。朝10時より。お気軽にご参加ください。
「美味しぼり」はサッポロ飲料の新製品。150ミリリットルのペットボトルに、K&Mでおなじみ香川雅彦の「世界名作劇場ボトルキャップ」がアルミ袋に入ってぶらさがってます。 動物たち(ラスカル・アメディオ・バロン・ブッシュベイビーなど)が香川クオリティで全7種。なくなり次第終了なのでおはやめに。これに呼応してK&Mよりカプセルフィギュア「世界名作劇場アンソロジー第三弾」が4/上旬より登場します。
先月に続き、「小学二年生」にはワンダーフィギュアコレクション第二弾のヤマネが付録に。こちら4/3ごろ。これは、小学館より6月創刊の「週刊日本の天然記念物」 につくヤマネの色違いバージョン。灰色毛色の個体。二年生版は地面の葉っぱの色が黄色いので簡単に見分けがつきます。予告編としてお目見え。小学二年生には来月もヘラクレスオオカブトがつきます。

02.03.12●

海洋堂動物タカラに移籍・WTMもね
既に先日の日経新聞でスクープされたように、やっと決定しました。チョコエッグ動物(←この言い方不適切になるのでこれからANIMATALES=アニマテイルズシリーズと呼称します)の移籍先として、タカラにお世話になることに。
ただしこのページの担当者は現在締め切り前日であっぷあっぷしてるので、詳細はタカラのWEBページのプレスリリースなど参照してください。今日行われた記者会見には100社以上集まったそうなので、新聞やらTVでも出ると思います・・・って書いてるそばから、「ワールドビジネスサテライト」に専務の顔が。

 

02.03.04●

最新リリース
●発売中 小学館 「小学二年生4月号付録」 セイスモサウルスフィギュア
●発売中 森永「チュッパチャッピー・パルコ発売版」渋谷パルコのグルビ作品展にて販売

●3/9 小学館 「BE−PAL4月号特別付録」リュウキュウヤマガメ幼体
●3/12 「チェシャ猫マトリョーシカ風」ホビーロビー&全国ファミリーマート(一部店舗除く)¥300
●3/下旬 K&M「エヴァ第弐集」「トライガン胸像2」
●3/26 「タイムスリップグリコ」関西発売

02.02.07●

ワンフェス発表の新ラインナップ
既存のもののパート2は除き、ミニフィギュア新ラインナップを紹介。


【出版系】
●「週刊日本の天然記念物」小学館 6月6日創刊・・・天然記念物の動物たちを毎週ひとつとりあげ、写 真と詳しい解説をつけて送る週刊大百科。毎号松村しのぶの作りおろしフィギュア付き。
●「小学二年生4月号〜6月号」小学館 4月号は3/2発売特別定価¥550・・・ワンダーフィギュアコレクションとして三号連続でフィギュア付録。4月号は今年全身骨格が来日するセイスモサウルス。以後ニホンヤマネ、ヘラクレスオオカブト。4月号には三体のフィギュアを納めるディスプレイボックス付き。

●「BE−PAL 4月号」小学館 3/9発売 特別定価¥450・・・チョコエッグ動物を積極的にとりあげつづけてきたアウトドアマガジン20周年記念号に松村しのぶの「リュウキュウヤマガメ幼体」フィギュアがつく。


【食玩系】
●「アクアテイルズ」今夏発売予定・・・海洋堂館長の絵本「クロシオ先生の海」がアニメ化される。この夏の完成にむけ、海洋堂最後のメインストリーム(かつて出していたAQUALANDを継ぐ水棲動物シリーズ)AQUATALESをついに始動。アニメにあわせ「クロシオの魚」を今回のテーマにしてこの夏展開。MIUの深海生物シリーズの形態。どのメーカーからどのような形で出るかはもうちょっとヒミツ。アニメ第一話は、2/15の東京アニメフェスティバルでお披露目される予定。
●「ハムスターズランチ」北陸製菓 3月発売予定・・・ハムスターフィギュア全12種。お菓子はひまわりの種の形をした柿の種、名付けて「ひま種」。もち米100%のホンモノの柿の種の味を確かめて。
●「レスキュー車両シリーズ(仮)」北陸製菓 初夏発売予定・・・おまけを集めて、非常食「乾パン」を備蓄しよう!消防庁の誇る緊急特殊車両を徹底した取材で再現。ホンモノのサンダーバードメカはこれだ!ホントはこの乾パンつきの食玩というネタ、1年以上前からはじめていて、北陸製菓の最初の食玩になるはずだった。取材と原型制作に異常に時間がかかり(ワールドタンクもそうだけどメカは大変!)、申し訳ないのでペンギンズランチを急遽作ったのでした。
●「日本の兜(仮)」味覚糖 今春発売・・・全12種。実戦から装飾へ様々な形をもつ兜をリアルに再現。端午の節句に発売したい!
●「アンティークドールコレクション(仮)」森永製菓・・・アリスでおなじみ超絶技巧派村田明玄氏の趣味であるアンティークドールの世界をミニチュア化。19世紀のドール工房の造形を再現。
●「チュッパチャッピー」森永製菓 ・・・グルービジョンズの3月パルコ個展にて発売される特別 版4種。人気ものチャッピーフィギュア+チュッパチャップス。通常発売版もいずれ登場予定。
●「世界名作劇場ボトルキャップ」今春発売・・・おなじみ香川雅彦の世界名作劇場フィギュア特別 版(ラスカル・フランダースの犬・アメディオ・ブッシュベイビー等7種)がペットボトルに添付されます。飲料メーカー・ドリンク名はもうちょっとヒミツ(新たなパートナー)。
●「銀河鉄道999」初夏発売予定・・・メーカーはヒミツ(新たなパートナー)。香川雅彦のミニヴィネットシリーズ。6種。ほんとは1年以上前、K&M世界名作の次に作ってたんだけど、カプセルで発売できなくてキャンディトイに。松本零士ものは各社から先にでちゃってくやしーけど出来は自信あり。
※続編としては、タイムスリップグリコ2、ペンギンズランチ2、チョコラザウルス3、ワールドタンクミュージアムなどを展示

【K&Mカプセル】
●「AKIRA」・・・パート1、2 各5種。今春発売。 これも発売まで1年ほどかかっちゃった香川雅彦のミニヴィネットシリーズの隠し玉 。香川の未発表作品は実はまだまだあったりするのだ。
●「ヘルシング」・・・初夏発売予定。浅井真紀造形の真骨頂!胸像+レリーフの斬新なシリーズ
※続編として、エヴァンゲリオン2〜4集、世界名作劇場3などを展示

【その他】
●「tomak」サン電子 3月発売・・・話題の生首恋愛シミュレーションのノヴェルティ。生首鉢植えフィギュア。
●「百鬼夜行絵巻(仮)」・・・デスクトップに百鬼夜行が再現できる立体大絵巻!もちろん原型総指揮は竹谷隆之氏。壮絶な造形には圧倒されるはず。発売形態等はまだヒミツ

 

02.02.06●

チョコエッグの行方
ワンフェスで海洋堂とフルタの件を発表したら、「要するにフルタと海洋堂は喧嘩わかれをしたのですね」と言われることが多かった。まあ、他の食玩についてはそういう言い方もできるだろうが、チョコエッグについては違う。むしろ海洋堂は、フルタの分裂でむちゃくちゃになろうとしたチョコエッグを、なんとか修復しようとしたのである。チョコエッグを直接生み出した勢力である現エフトイズと、これまでチョコエッグ企画にはかかわってこなかった人間ばかりの現フルタ製菓。この間にたって、存続のためがんばったつもりなのである。
エフトイズ側はチョコエッグを生み出した企画部の人々で構成されているので全面 的に譲歩してくれたが、現フルタの人々が頑として「エフトイズと関わっている連中は海洋堂だろうがなんだろうが切り捨てる」という態度をかえなかったのだ。
今回の分裂さわぎ、社長解任劇や血族どうしの確執などがからんだ感情的な喧嘩なので、もはや理想や理屈が通 じないのだからどうしようもなかった。
要するに、フルタのお家事情に巻き込まれちゃって、部外者海洋堂がはじき出されたということである。
ことチョコエッグに関しては、「部外者」じゃないと僕たち自身は思っていたのだが、現フルタの人々はそうは思わなかった。そういうことだ。
さて、ペット第三弾、日本の動物第六弾は今シーズン出ない。海洋堂は既に昨年春〜夏には原型を提供していたので、今回出なくなったのはフルタ内のごたごたが原因である。そのごたごたのおかげで、三弾、六弾 の契約はフルタとの間にかわされておらず、これからも交わすつもりはない。
旧作については、クラシックの契約が9月まで残っている。だからクラシックは今期発売されるだろう。
9月以後は権利が海洋堂に完全にもどってくるので、新天地での復活を期したい。

戻る